妊娠・出産のコト

無痛分娩からの鉗子分娩を経て緊急帝王切開となった出産の話



私は息子を40週6日で出産しました。

身長50cm、体重約3,200g。
息子の成長具合も、私の妊娠生活も、それはそれは順調でした。

そう、妊娠生活は順調そのもの。
だけど出産はそうもいかず大変だったのです・・・

破水からの陣痛まで

私の出産の始まりは「破水」でした。

明け方の4時頃にプシュッ!と何かがはじけた感覚があり、トイレに行ったら少し出血していて、その後はあまり自覚症状がないながらも水分が体内からチョロチョロと出始めた模様(生理用ナプキンが湿っていた)。

その後、産院まで歩いていくorz

別に歩きたくなかったんですけどね・・・タクシーが通らなかったんですよ・・・自宅に呼び出したかったんですけどね、実母に「そこら辺でつかまえればいい」と言われたのです・・・(病院まで近かったから良かったけど)

破水をした場合はタクシーで産院まで行きましょう。
と妊婦雑誌に書いてあったんですけど、徒歩で行っちゃいました。
※決して真似しないでください

その後、即入院。
この時点で朝の7時。ここから大変な出産になることを私はまだ知らない。

私は無痛分娩だったので(産院も無痛分娩推奨派)、陣痛が5分間隔になったら麻酔開始と説明を受け、朝ドラ『純と愛』を見ながら優雅に朝食(個室)。

そうこうしている間に陣痛がつきはじめ、9時半頃には陣痛が5分間隔に!
痛いながらもまだまだ余裕でした。

無痛分娩の麻酔から子宮口7cmまでは余裕

いよいよ無痛分娩の始まりです。
背中に麻酔のチューブを入れられて麻酔開始。

陣痛が痛くなったらナースコールで呼び出し、麻酔を追加してもらい、麻酔を追加されると睡魔に襲われウトウト眠る。こんな事を繰り返すこと数回、特に陣痛の痛みも感じないまま気が付けば子宮口が7cmまで開きました。

先生も「順調だね~、今日中に産まれるね~」なんて言っていたんですけどね・・・
さぁ、はじまります。出産フルコースが。。。

子宮口開かず!感染症の疑い!そして激痛

子宮口が8cmから開かなくなりました。

この辺りから無痛分娩の麻酔も効かなくなり、激痛に耐えることになりました。肛門周りがとにかく痛い!麻酔を追加投入するも全く聞かず、痛みを看護師さんに訴えるも、「普通だったら(無痛分娩じゃなかったら)痛みで喋れませんからね」とたしなめられ、ひたすら痛みに耐える。

その間、夫は何をしていたかと言うと・・・椅子に座ってガーガー言いながら眠っていたよ!!この役立たずめ!!と怒りに打ち震える。この時の恨みは今でも払拭されておりません。

この激痛だけならまだしも、先生と実母がこんな会話をしていました。
「妊娠高血圧症が・・・」「感染症が・・・」「帝王切開が・・・」

痛みで意識朦朧の中、恐ろしい単語が続々登場。
そして、陣痛がつかなくなってきたこともあり誘発剤を投入することに。

なんやかんやで絶叫・悶絶しながらも痛みに耐えつつ朝を迎えた私は呟いた。
「何が無痛分娩じゃーー!!」

無理やり分娩台からの鉗子分娩へ

子宮口が9.5cmまで開くも10cmにならず分娩台へ行けない私。

もうあまりの痛みに耐えかねて「出る!何か出る!」と訴え続け、半ば強引に分娩台へ移動。この時点で8時半。1日前は優雅に朝食を食べながら朝ドラを見ていたのにね・・・

分娩台に上り、さぁ!出てこい!!状態の私とは裏腹に、息子は旋回異常を起こしていた・・・

骨盤に対して真っ直ぐではなく斜めに入っているとのことで鉗子分娩を行うことに。

この鉗子分娩は難易度が高いということで、先生2人態勢で行われた(家族経営の産院だから先生ほぼ全員)わけだけど・・・鉗子分娩失敗orz

全部で3回引っ張ったんだけど、息子は出てこなかった。。。
引っ張られた時、相当!かなり!!痛かった!!!絶叫したよ!!!!

「胎児が体力があるうちに緊急帝王切開に入ります」

もうね、かなり私の体力は奪われ、痛みで意識は朦朧とし、麻酔で体が動かず、何でもいいから私をこの痛みから早く解放してくれ!それだけしか考えられませんでした。

そして緊急帝王切開

「よく頑張りましたね、後は私達に任せてください」

という一言により脱力。
もうされるがままに身をゆだねる。
※今思うと、かなり非協力的な妊婦だったかもしれない

誘発剤が抜かれ、帝王切開の麻酔が投入され、ビックリするくらい今までの痛みから解放された!!と同時に、手足がガタガタガタガタ震え始める。

けれど、全く痛くないので急に普通の会話ができるんですよね。
程なくして、帝王切開開始。

お腹が引っ張られる感覚があるも、全く痛くない。
ただ手足が小刻みに震える感覚があるだけ。

気が付けば「おめでとうございます!」と言われ、息子とご対面。
この時、9時40分。

今までの苦労に比べたら、帝王切開は夢のように簡単であっけないものでした。

いざ!息子とご対面

息子、最初は泣かなかったんですけど、何かしらの処置がされた後に無事に産声を上げ、看護師さんが私の横まで持ってきてくれました。

私は麻酔により体を自由に動かせなかったので目で見ただけですが・・・
「可愛くねぇ・・・」これが最初に思った正直な感想ですw

もう自分が大変過ぎて、麻酔で感覚がなくて出産した実感もなかったので、出産の感動は実はあまりありません。ただただ痛みから解放されたことが嬉しかった。

最後に先生が笑顔で「出産フルコースでしたね」と言っていたのが印象的です。

その後、息子は保育器へ、私は体が動かせず、数日間は完全母子分離状態。息子へミルクを1番最初にあげたのは病院関係者の方以外では夫でしたorz
もちろん抱っこするのもな!!

鉗子分娩の影響か、息子のこめかみには痕がありました。
現在5歳。まだうっすらとこめかみに痕があるものの、0歳児と比べたら大分目立たなくなったな。

難産で生まれた息子ではあるけれど、今は元気いっぱいで毎日を過ごしています。
この時の出産は大変だったなー、相当痛かったなー、という記憶はあるけれど、時が経つと色々と忘れていくものですね。



ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 妊娠・出産のコト

    出生前診断を受けるべきか否か、冷静になって考えよう

    私は息子を妊娠していた当時35歳、2012年にクアトロテストを受けまし…

  2. 妊娠・出産のコト

    【体験談】妊婦の腹囲ってどれくらい大きくなるの?

    妊娠中期頃からどんどんお腹が大きくなり、「アレ!?このお腹・・・どこま…

  3. 妊娠・出産のコト

    妊娠8か月まで自転車を乗っていた話

    妊娠すると、自転車や自動車の運転はしていいのかな?と疑問に思いますよね…

  4. 妊娠・出産のコト

    胎児の体重の増え方と妊婦の体重の増え方

    妊娠中の気になる事のひとつとして、胎児の体重の増え方妊婦で…

  5. 妊娠・出産のコト

    赤ちゃんが欲しい!と思った時に私が買った3つのアイテム

    赤ちゃんが欲しいと思ったら、この3つのアイテムを揃えましょう。まさ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. サッカーのコト

    6歳(新小1)屋内サッカー教室の体験に行ってきた
  2. スイミングのコト

    まさかの大どんでん返し!スイミングの進級テストに合格した話
  3. 幼稚園・保育園のコト

    幼稚園卒園後、お下がり予定のない制服などの行方
  4. 入学準備のコト

    卵アレルギーっ子の小学校給食はどうなる!?入学前面談をしてきた話
  5. 算数のコト

    お金を数えて「おおきいかず」と「位」のお勉強をしよう
PAGE TOP