勉強のコト

【小2】問題の間違いを受け入れるようになってきた

        ※当ブログは広告を掲載しています


息子は解いた問題にバツをされるのが嫌いでした。

小学1年生の時は、宿題をやる時に私が横にいて息子が解いた問題に対して瞬時に採点していたものです。間違いを見つけたら優しく指摘して消しゴムで消してあげないと、すぐにキレる始末。消しゴムで消すのもキレイに消さないと怒るから、後で見返した時に何が出来なかったのか把握することができなかったのです。

息子には「間違えていても良いんだよ」「出来ないところを出来るようにしていけばいいんだよ」と優しく言っていたけれど、とにかくバツを付けられるのが嫌。

一体いつまで息子は現実逃避をするんだろうか・・・と、行く末を案じていたものの、小学2年生の今はバツ耐性ができました。

キッカケは塾です。

塾では間違えたところは赤で直して、青でマルを付けるルールだそうな。
息子は外面はいいので、この塾の方針に従うことにした模様。

それ以降、息子が勉強をするときに私がそばに張り付いている必要もなくなり、1人で勉強ができるようになってきました。

以前は、分からないところが出てきたら、怒りながら「分かんない!!答え教えろ!!」とキレてきたけれど、今はスルースキルも身に着けたので、サクサク飛ばしていきます。結果、漢字の問題は半分が空白なんてこともありますorz

まぁ、一人で勉強が出来るようになってきたのは進歩です。

3年生の終わり頃には、自分で採点をして見直しが出来るようになってくれたら万々歳ではあるけれど、やり終わった後に渡すと言えども息子に答えを渡すのはいささか不安でなりません・・・

仲里依紗のyoutubeが面白い!!前のページ

小学2年生(8歳)のクリスマスの出来事次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 国語のコト

    【小3】国語苦手男子に取り組ませているドリル

    小学3年生の息子の日本語力(国語力)は、かなり低い・・・文字を…

  2. 勉強のコト

    【小2】ドリルの採点・見直しバトル勃発

    小学2年生のはじめの頃は、宿題すらもボイコットしていた息子が、今となっ…

  3. 国語のコト

    『ブンブンどりむ』秋の2か月トライアルセットが届いた!

    『ブンブンどりむ』秋の2か月トライアルセットに申し込んでみました。…

  4. 勉強のコト

    【小3】どうして問題を解くときに問題文を読まないのか

    もうすぐ小学4年生になろうという息子。頭の程度は小学1年生レベルで…

  5. 勉強のコト

    【小4】勉強を塾に丸投げはできない

    「親が子供の勉強を見るとケンカになるから塾に行かせる」というフレーズは…

  6. 勉強のコト

    『テープのり』は家庭学習ノート作りに最適

    このコロンとした可愛い物体、「のり(糊)」なんですよ。修正テープな…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 理科のコト

    【小3】理科の勉強ドリルは『教科書ワーク』に辿り着く
  2. 育児・教育本のコト

    『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』で新たな視点に気づく
  3. 色々なコト(雑記)

    小学2年生の子供にイライラしない3つの方法
  4. 小学2年生のコト

    【小2】子供が友達を家に連れてくるのが嫌
  5. 勉強のコト

    新小学3年生の春休みの家庭学習ラインナップ
PAGE TOP