妊娠出産用品のコト

トコちゃんベルトの装着が面倒…そんなあなたに簡単な着け方をご紹介



妊婦さん必須アイテムの1つとして有名なトコちゃんベルト。

私も妊婦時代に購入・使用していたけれど、購入するまでに「買っても使いこなせないんじゃないの?」と結構悩みました。

というのも、装着方法を見たら結構面倒なんですよね・・・

寝転がって骨盤の位置を上にあげて、お腹の赤ちゃんの位置をずらしてから装着。当時は働いていたので、朝から悠長にベルトを締めるのに5分も時間をかけていられません。

助産師さんに教わったトコちゃんベルトのラクラク装着方法

トコちゃんベルトの装着が面倒だ、ということを妊婦健診に行ったときに助産師さんに言ってみたら、立ったままできる簡単な装着方法を教えてくれました。

トコちゃんベルトの公式サイトでも、立ったままの装着方法はあるのですがイマイチ分からなかったし、自分では装着場所が正しいのか分からなかったので、この方法を教えてもらって随分と装着が楽になりました。

どんな装着方法かというと・・・

  1. 真っ直ぐ立つ
  2. トコちゃんベルトを軽く装着する
  3. 足の付け根からお辞儀をする
  4. その折り曲がったVラインにトコちゃんベルトの下の部分を合わせる
  5. 真っ直ぐ立つ
  6. 息を吸ってトコちゃんベルトを締めて装着
  7. 後ろをの位置を整える

随分と簡単ですよね。
これだとお手洗いに行った時も簡単に締め直せるので、知っておいて損はない方法です。

トコちゃんベルトはパンツの下じゃないとダメ?

トコちゃんベルトの装着順は正規の方法だと、薄い専用腹巻をした上にトコちゃんベルトを巻いて、その上からパンツを履くという風になっていますが、ちょっと抵抗ありませんか?

毎日装着するとなると腹巻も2,3枚は必要になるし、そこにあまりお金をかけたくなかったんですよね、私は。

さらに夏妊婦だったから、トコちゃんベルトが暑く、外したくなったら外せるようにしたかったので、私はパンツの上のみならずレギンスの上から装着していました。

チュニクを着ればトコちゃんベルトは見えないし、外したくなったらすぐに外せるし、汗や汚れがベルトにつかないので良かったです。

一応助産師さんに聞いてみたら、別にパンツの下じゃなくて構わないと言っていたので、かなり邪道な方法ですがこんな感じで装着していました。

最後のまとめ

トコちゃんベルトを正しい装着方法で着けるのがベストだけど、そんなの毎日やっていられないよ!というプレママは、ちょっと邪道ですがこんな方法もあるのでお試しあれ!

装着に自信がない時は、産院の先生や助産師さんに相談してみるのをおすすめします。



ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 育児用品のコト

    【小学1年生】キッズ携帯とGPSBoT、買うならどっちがいいか考える

    息子の位置情報が分かるツールが欲しいな、と思い始めました。小学…

  2. 妊娠出産用品のコト

    秋生まれ(11月)の男の子を出産した母が考える最低限の出産準備リスト

    私は息子を11月に出産しました。自分なりに商品を吟味して出産準…

  3. 育児用品のコト

    小学一年生(6歳)に20インチの自転車を購入

    息子の誕生日プレゼント、ということで20インチの自転車を購入しました。…

  4. 育児用品のコト

    『GPS BoT』と『みもりGPS』どっちを買おうか考える

    息子にGPSを持たせた方がイイな、と思い始めました。そこで検討した…

  5. 育児用品のコト

    【口コミ】遂に『GPS BoT』購入!子供への持たせ方を考える

    先日から購入を考えていた『GPS BoT』を遂に買っちゃいました!…

  6. 学用品のコト

    小学1年生の男の子が選んだ絵の具セットは『龍』だった

    先日、息子が小学校から絵の具セットの案内を持って帰ってきました。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. スイミングのコト

    スイミングスクールの水泳大会でメダルを獲得
  2. 習い事のコト

    『習い事狂騒曲』を読んで小学1年生の習い事について考える
  3. 入学準備のコト

    卵アレルギーっ子の小学校給食はどうなる!?入学前面談をしてきた話
  4. 育児・教育本のコト

    『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』で新たな視点に気づく
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    6歳(小学1年生)と『君の名は。』を見たら面白かった
PAGE TOP