算数のコト

【小1】繰り下がりのあるさくらんぼ計算への順応性が高い



小学1年生の息子の小学校では、「繰り下がりのある引き算」を勉強中です。

息子には先取り学習を取り入れることが出来なかった為、学校の授業で初めて色々なことを学んでいます。さくらんぼ計算も私が教えようとしたら嫌がられていたので学校にお任せ(その分、復習に時間をかけている)。

で、「繰り下がりのある引き算」のさくらんぼ計算については、「引いて足すさくらんぼ計算」と「引いて引くさくらんぼ計算」の2種類がありまして、最初、私はどう考えても「引いて引くさくらんぼ計算」の方が受け入れやすいだろう、と考えていました。

ところが、フタを開けてみたらそうでもなかったのです。

ドリルでは「引いて足すさくらんぼ計算」と「引いて引くさくらんぼ計算」の両方を解かせる問題が多い気がするので、もしかしたら学校でも2種類の方法を教えてくれるかもしれません。

が、今は専ら「引いて足すさくらんぼ計算」の方法を勉強しています。

えー・・・「引いて足すさくらんぼ計算」って混乱するんじゃないの!?と思っていたけれど、息子は意外とスンナリ受け入れて解いています。

繰り上がりのある足し算の計算をするときは、全くさくらんぼを書かないで計算していた息子も、繰り下がりのある引き算はさくらんぼを書いて計算していたんですけど、ちゃんと「引いて足すさくらんぼ計算」が出来てるじゃありませんか!

一応、「こんなやり方もあるんだよ!」と「引いて引くさくらんぼ計算」を教えたけれど、案の定嫌がられましたorz

息子が「さくらんぼ計算」をスンナリ受け入れられたのも、先取り学習をしていなかったからかな?とも思います。案外、計算が得意で暗算で出来ちゃう子の方が「さくらんぼ計算」を受け入れにくいという話はネットでよく見かけるんでね。

息子が通う小学校では、さくらんぼの計算過程を書くことは強要されていないみたいなので、「さくらんぼ計算」を受け入れられなくても暗算が出来れば問題なさそうだけど、これ、テストで強要される場合はツライですね。

で、私は「引いて引くさくらんぼ計算」派だったんですけど、息子が解くのを見ていたら、段々と「引いて足すさくらんぼ計算」の方がやり易いかも!?と思うようになってきた不思議。

まぁ、両方の思考が理解できれば、より理解が深まることでしょう。
とりあえず、息子は「繰り上がりのある足し算」と「繰り下がりのある引き算」はついていけているみたいなので一安心です。次なる壁は「時計」だな・・・



ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 勉強のコト

    チャレンジ1年生の「こくご」をやりたがらない男の子

    息子の強い希望により始めたチャレンジ1年生。一応、4月号はワー…

  2. 勉強のコト

    チャレンジ1年生のひまわりを育てるのがツライ…

    チャレンジ1年生の「ひまわり観察セット」が辛くなってきました。最初…

  3. 国語のコト

    作文に特化した通信講座『ブンブンどりむ』の無料体験キットを見た感想

    『ブンブンどりむ』という、作文に特化した通信講座をご存じでしょうか?…

  4. 国語のコト

    小学1年生(6歳)音読の宿題を嫌がる

    小学校では毎日のように音読の宿題があります。小学1年生の息子は、こ…

  5. 社会のコト

    歴史に興味を持った6歳(小1)が欲しがった歴史本

    6歳(小1)息子が急に歴史に興味を持ち始めたようで『日本史探偵コナン5…

  6. 算数のコト

    【小学1年生】計算カードの宿題で親がやること、思うこと

    息子の学校では今週から「計算カード」の宿題が出ています。「繰り…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 算数のコト

    小学校のさくらんぼ計算の方法が雑で困る話
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    朝日小学生新聞は低学年にも読めるのか
  3. 体操教室のコト

    小学1年生(6歳)三点倒立をマスター
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生の男の子が選んだ「宝物」
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生の男の子が「あやとり」にハマる
PAGE TOP