6,7歳(低学年)のコト

【子連れ金沢旅行記】のとじま水族館はこじんまりしていて見やすい



金沢旅行2時間日目は、まず『のとじま水族館』へ行きました。

金沢は、あまり子供が楽しめるようなスポットは無いんですけど、水族館だったら6歳(小1)息子も楽しんでくれるだろう、と言うことで行ってみました。

『のとじま水族館』はコンパクトだけど生き物との距離が近くてなかなか良かったです。

入り口から入ると巨大な水槽があって、小さいジンベエザメが3匹くらい泳いでおりました。この水槽は色々なところから見ることができて、目の前をジンベエザメがスラーッと通るから「おおっ!」と感動します。

生き物と触れ合えるブースもあります。

私はこういうのが苦手なので、ドクターフィッシュに角質だけ取ってもらったんですけど、ほんの一瞬で手をひっこめちゃいました・・・もう、くすぐったくて耐えられない。夫と息子は比較的楽しそうに触っていました。

魚の映像が流れている空間に、息子は大はしゃぎ。

平日だったからか、人も少なかったし、順路は広いし、見やすかったのは良かった。ただ、私達と同じようなペースで進むカップルがいまして、息子が何かにつけてカップルに割り込むように魚を見ていたから誘導するのに疲れたorz

順路に沿って歩いていたら、最終的にイルカショーに辿り着きまして、ちょうどショーの時間だったので見ることに。息子は「見たくない!」と言って拒否したけれど、「10分程度で終わるから」と説得して何とか見ることができました。

イルカショーと言えば水しぶきを浴びる席があるのが定番ではあるけれど、このイルカショーは水しぶき席がないんですよ!!これはイイネ、安心してみることができます。

イルカショーでなくてもイルカが泳いでいる水槽もあるし、ペンギンも間近で見られるし、生き物との距離が近いし見やすいから本当に良かったです。こじんまりしているのもまたイイ!

疲れる前に見終わるから子供もギャーギャー言わないし、全てにおいて「丁度いい」水族館でした。

大人の入場料は1人1,850円と少々高いけれど、私達は旅行会社のクーポンで1人500円で入れたからコスパも最高!2時間くらいあれば全部回れてイルカショーも見られるから、色々観光に行きたい時でも組み込める施設かな、と思います。

水族館を後にして、次は近くにある『石川県能登島ガラス美術館』へレッツラゴーです。



【子連れ金沢旅行記】和倉昭和博物館とおもちゃ館で昔を学ぶ前のページ

【子連れ金沢旅行記】憧れの加賀屋にお泊り&和倉温泉朝スイーツ次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】男の子は席が近い子と仲良くなるのは本当らしい

    小学校低学年の男の子は、席が近い子と仲良くなるらしいです。ところが…

  2. 6,7歳(低学年)のコト

    子連れ金沢市内観光、王道観光名所を5時間で回る

    小学1年生(6歳)息子を連れての金沢旅行最終日。最終日の3日目は金…

  3. 6,7歳(低学年)のコト

    「分からない」が口癖の小学2年生

    小学2年生の息子の、ここ最近の口癖は「分かんないー」です。私が…

  4. 6,7歳(低学年)のコト

    【小1】小学校休校時、どうやって1か月過ごすべきか

    息子が通う小学校では、来月まで休校になりました・・・放課後子ども教…

  5. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】寝たければ1人で寝ればいいじゃない

    もうすぐ8歳になろうとしている小学2年生の息子。いまだに「おやすみ…

  6. 6,7歳(低学年)のコト

    【小学2年生】宿題をやらない子の導き方が分からない

    小学1年生の頃は、音読の宿題も、プリント・ドリル系の宿題も、イヤイヤな…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 勉強のコト

    勉強ができる子は大人の言うことに耳を傾けられる子だと思う
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    子供が公園でアリを踏み潰す遊びをしている時の親の対応
  3. 色々なコト(雑記)

    コロナ休校でスッカリ無気力になった母親
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    【子連れ金沢旅行記】和倉昭和博物館とおもちゃ館で昔を学ぶ
  5. 学用品のコト

    新1年生の箱型筆箱はチャレンジの友達紹介プレゼントに決定!
PAGE TOP