算数のコト

【小1】文章を読む時に背景が思い浮かばない



小学1年生の息子は国語がやや苦手です。

息子なりに少しずつ成長はしているんですけどね。
入学したての頃は、音読の宿題が鬼門でした。

初めて読む単元は泣きながら読んでいたくらいです。
最近は新しい単元になると嬉しそう。
※同じ単元が続くと飽きるから

新しい単元でも比較的スラスラ読めるようになってきたものの、イマイチ正確さに欠けるんですよね・・・思い込みで読んでいるというかなんというか。

「ゆっくりでいいから、一語一語正確に読みな」とアドバイスをしても聞く耳持たず。「ここは、”バスケットボール”じゃなくて”バスケット”、だよね」と読み間違いを指摘すると怒る。ので、最近は口を挟まず、息子が読んでいえるのを聞くだけにしています。

もうね、「バスケット(カゴ)」を「バスケットボール」と読んじゃうと、全く違う話になるし、そもそも話がつながらないわけで。助詞もしょっちゅう読み間違えるから、聞いていると「ん!?」と思うことも多々あります。

たった一文字読み間違えるだけで意味が逆になったりする場合もある割には息子自身が「おかしい」と思わないところを見ると、「この子、話の内容が分かっていないんだろうな」というのが分かります。

算数の文章題もそう。

市販ドリルの文章題を、息子でも想像しやすい「リンゴ」などに置き換えて、さらに数字も小さくし、さらにさらに図まで書いてあげているのに、ちょっとひねった2行程度の文章題がもう解けない。

まぁ、解けない気持ちがわからないでもないんですけどね。

極めて普通の文章題だと「リンゴが5個あります。おかあさんにリンゴ2個もらいました。リンゴは合わせて何個ありますか?」とかですよね。これは普通に解けます。

これが、「リンゴを子供に1個ずつ配ったらリンゴが3個あまりました。リンゴは5個あります。子供は何人いますか?」みたいな問題だと解けないんだよね・・・

文章自体は短いけど、ちょっとひねった問題だから息子は解けないだろうとは思っていた。だから、わざわざ絵に書いて分かりやすくしているのに「8+3=11」とか意味不明な式を書いてきますからね。

「文章を読んでいて、お話を想像できる?」と聞いたところ、「できない!!」と言っていましたorz

読書をしていると、その背景を想像しながら読みますよね。それがどういうものか分からなくても・・・例えば「F-15」と書かれていてもそれを知らない私は正確に想像はできないけれど、それが「戦闘機」と分かれば鋭い飛行機を想像します。

こういう想像を全くしないで、息子は音読をしたり、文章題を解いているのかな?と思うと、ただただ字だけ追っていたんじゃ面白くもないし理解もできないよねぇ・・・

うーん・・・絵本の読み聞かせが必要か・・・
読み聞かせが重要なのは分かっているけれど、読んでいるのを邪魔されてばかりでウンザリしてやめちゃったんだよな・・・さて、どうしようか。



【小1】小学校の先生はやっぱり教育のプロなんだな前のページ

小学1年生にエクスワード(カシオXD-SK2000)を買ってみた次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 国語のコト

    【小2】音読の宿題をメッチャ嫌がるから諦めた

    小学2年生の息子は音読の宿題が大嫌いです。正確には音読の宿題「も」…

  2. 勉強のコト

    【小2】勉強は先生以外には教わりたくないらしい

    小学2年生の息子は以前から、私が勉強を教えようとすると嫌がります。…

  3. 算数のコト

    小1算数のレベルアップを図る!Z会グレードアップ問題集を投入

    色々な学習系blogを読んだ結果、結局のところ学力向上の為に利用する問…

  4. 勉強のコト

    勉強キライな小2が嫌がらずに取り組む塾教材

    小学2年生の息子は自主的に勉強に取り組むタイプではありません。さら…

  5. 国語のコト

    小1(6歳)自ら漢字の先取り練習をはじめ、思わぬ効果がありました

    現在小学1年生の息子は、幼稚園時代から漢字スイッチが入るときがたまにあ…

  6. 国語のコト

    小学校低学年にオススメの説明文(文章読解)ドリル

    小学2年生の息子は、2年生の夏から個別塾に通っています。⇒【塾のコ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 色々なコト(雑記)

    子供からの暴言は早めに慣れておいた方がいい
  2. 育児・教育本のコト

    『「学力」の経済学』を読んで客観的で効率的な教育をしよう
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生(7歳)のバレンタイン事情
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    6歳(小1)10連休のGWの過ごし方
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生(6歳)男の子の洋服のセンスがまともになってきた
PAGE TOP