6,7歳(低学年)のコト

【小学1年生】風邪をひいたときの時間の潰し方が分からない

久々に小学1年生の息子が発熱で学校を休みました。

1学期に1回休んだだけで今まで過ごしてきましたが、とうとう発熱。しかもMAX40℃・・・ってコレ、インフルエンザA型じゃないのかね??

起き上がると眩暈がするそうなので、病院には行っていません。雨も降っているし、自宅から1番近い診療所が本日休診だしorz

昨日、夜ご飯も食べずに18時前から寝ちゃったから、今にして思えばこの時から既に具合が悪かったんでしょうね。

今までのパターンから、息子がインフルエンザになるとすぐに私にもうつるのですが、今回はまだ私は元気です。このまま元気にやり過ごしたい。。。

で、息子は38℃から40℃まで熱が上がったり下がったりで、食欲も殆どなく、スポーツ飲料を欲するのみ。トイレに行くために起き上がるも「頭がクラクラするー!」と騒ぐほど。

にもかかわらず、「おかあさん、ヒマー」とか「おかあさん、遊ぼうー」と言ってきます。もちろん遊びませんけどね。

午前中に1回昼寝したくらいで、20時までは寝ずに過ごした息子。本当にヒマそうで、1日中テレビを見たり、チャレンジスタートナビで遊んだり、カシオの電子辞書で「リトル・チャロ」を見て過ごしていました。

「リトル・チャロ」を見終わった息子が、「おかあさん、ド・ギッバー!って知ってる?」と言ってきました。「何かの呪文?」と聞いたら、「諦めないで、ってことだよ」とのこと。

「あぁ、ドント・ギブ・アップね」と答えたら、「違う!ド・ギッバー!」を連呼する息子。早速、「リトル・チャロ」効果が表れているようです。

私が買い物に出かけた時は、お正月だかにやっていたスポンジボブの映画を見て待っていてもらったので、本当に1日中画面ばっかり見ていました・・・逆に頭がクラクラしそう・・・

私が熱を出した時は、漫画本を枕元に積み上げて全巻制覇とかしていたんですけど、息子は漫画もまだ読めないし、本も読めないし、時間を潰す方法がなくて見ていて可哀相になってきます。

早く、漫画本でもいいから読めるようになればいいのにね。
というか、本当に活字に興味がなくて心配になりますorz

熱が出ると大人しくてしおらしくて、パッチリ二重になって可愛いけれど、やっぱり少々うるさくても元気に学校に行ってくれるのが1番ですね。

小学1年生の電子辞書の活用方法前のページ

【小1】高熱が出たのにインフルエンザじゃなかった話次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    負けず嫌いの子供とのゲームはわざと負けるべきか否か

    小学1年生(6歳)の息子、20~30分泣き続けていました。原因は「…

  2. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】学校の先生の漢字の採点が甘くて困る話

    ネット上では「学校の先生の採点が厳しい」という書き込みはよく見かけるけ…

  3. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】『鬼滅の刃』『進撃の巨人』がなぜブームなのか理解不能

    今、空前の『鬼滅の刃』ブームですね。正直なところ、私はこのブームは…

  4. 6,7歳(低学年)のコト

    子どもの「言っても直らない」は副腎疲労が原因だった

    パルシステムのカタログで見かけた『子どもの「言っても直らない」は副腎疲…

  5. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】新コロナ休校で家庭崩壊寸前!毎日親子喧嘩勃発

    はあぁ・・・もう毎日疲れた・・・息子は今日、おばあちゃんの家に…

  6. 6,7歳(低学年)のコト

    6歳(小1)と子連れ金沢旅行、2泊3日のスケジュール

    小学1年生(6歳)の息子を連れて、家族で金沢旅行に行ってきました。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    家遊びに誘ってくる友達をかわす小学2年生
  2. 色々なコト(雑記)

    『未来のミライ』のくんちゃんが息子ソックリでイライラする話
  3. 妊娠出産用品のコト

    トコちゃんベルトの装着が面倒…そんなあなたに簡単な着け方をご紹介
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生の朝のタイムスケジュールに驚愕
  5. 育児・教育本のコト

    『受験と進学の新常識』で子供の大学入試について考える
PAGE TOP