小学2年生のコト

小2男子、クラスの女子とケンカをする

当ブログはプロモーションを含みます

先日、プリプリ怒りながら公園から帰ってきた息子。
聞くところによると、同じクラスの女子グループとケンカをしたそうです。
「ケンカをした」というよりも「絡まれた」と言った方が正しいかもしれません。

息子、段ボールで剣を作ったんですよ。
ただ、その剣が息子くらいの高さがあって、いつの間にか「剣」から「友達」になっていました。

名前は「ガイアくん」。
私がやっているドラクエウォークというスマホゲームの剣の名前(ガイアの剣)です。

そのガイアくんを連れて(段ボールを持って行って)男の子の友達と遊んだようです。
その時にクラスの女子と遭遇。

ガイアくんの首をもぎ取られた挙句、ひらりと落とされたそうなorz
男の子の友達と逃げても、女子達に追い掛け回されたから、息子は女子達に向かって「うざい!消えろ!」と悪口を言ったそうな。
※モチロン、消えてくれるわけもなく追い掛け回されたらしい

結局、男友達が習い事の時間になったから帰ってしまい、息子もガイアくんを連れて走って逃げ帰ってきました。
それが冒頭で書いた「プリプリ怒りながら公園から帰ってきた」というわけです。

本当は女子を殴りたかったらしいけど、それはダメだと思って逃げたようで、そこらへんはちゃんとわきまえているんだなと一安心。
女子はね・・・特に男子にウザ絡みしてくる女子は基本面倒な子だから、敵に回さない程度に適当にあしらっておけ、とアドバイスしておきました。

また別の日も公園で会って、同じ女子達に絡まれたようだけど、さらに別の日、そのグループの女子が1人だけの時は絡んでこなかったそうな。女子は1人では何もできないからね・・・

一応護身用として(人によるけど)女子を簡単に傷つけられる一言を教えておきました。ただ、それを言うと余計面倒な事になりそうだから「言わないでね」とも言っておきました。最終手段ということで。

しかし、息子はその一言を既に忘れているだろうな・・・

『子どもが自信を失う言葉66』を読んで、頑張ってるな自分と思った話前のページ

【小2】男の子は席が近い子と仲良くなるのは本当らしい次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 小学1年生のコト

    小学1年生(7歳)サンタの存在を疑い始める

    早いもので、もうすぐクリスマス。世間ではサンタさんに何のプレゼント…

  2. 小学2年生のコト

    【小2】『鬼滅の刃』『進撃の巨人』がなぜブームなのか理解不能

    今、空前の『鬼滅の刃』ブームですね。正直なところ、私はこのブームは…

  3. 小学2年生のコト

    家遊びに誘ってくる友達をかわす小学2年生

    以前、こんな記事を書きました。要約すると、「同じ建物に1学…

  4. 小学1年生のコト

    小学1年生の男の子が「あやとり」にハマる

    最近、小学1年生の息子が「あやとり」をやりたがるようになりました。…

  5. 小学1年生のコト

    小学校のテストで100点取ったらご褒美制度はアリかナシか

    小学1年生の息子に、2学期からご褒美制度を導入しました。内容は…

  6. 小学2年生のコト

    【小2】新コロナ休校で家庭崩壊寸前!毎日親子喧嘩勃発

    はあぁ・・・もう毎日疲れた・・・息子は今日、おばあちゃんの家に…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/uduki02/kosokoto.com/public_html/wp-content/themes/mag_tcd036/widget/ad.php on line 46
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 小学1年生のコト

    小学1年生の男の子のコミュニケーション能力が意外と高くて驚く
  2. 国語のコト

    小学3年生カタカナが正確に書けないから只今練習中なり
  3. 育児・教育本のコト

    子育てで最も大事なのは「忍耐力」
  4. 小学3年生のコト

    【小3】オンライン授業参加で自主休校するクラスメイトをズルイと言う
  5. 小学1年生のコト

    小学1年生がドラクエウォークで地図をマスターできるのか
PAGE TOP