算数のコト

宮本式『賢くなるパズル』にハマった6歳児(小学1年生)

息子が幼稚園年中さんだった2018年1月頃、宮本式『賢くなるパズル(入門編)』という思考系ドリルを購入しました。

買った当初は全くやる気がなかった息子でしたが、年長さんの頃にまたやる気が出たのか自ら本棚から引っ張り出してやり出したのです・・・が、問題の意味が分からない、分かってもできない、ということでポーイ!

とりあえず、本棚に忍ばせておきました。

そしたら最近、本棚をゴソゴソして見つけ出し、再びやりはじめたのです。

小学生になり少しは問題の意味が分かったのか、ちょっと説明して例題を見たらササッと解くことができました。おおっ、これは成長です。

息子、『賢くなるパズル』にハマったようで、寝る間も惜しんで解き進めた結果、後もう少しで1冊が終わりそう。この『賢くなるパズル』は色々な種類が出ています。

「新しいドリルやる?」と聞いたら「やる!」と言ったので、『賢くなるパズル入門編(2)』を注文してみました。

ついでに、『算数と国語を同時に伸ばすパズル(入門編)』というのもポチリ。

【ハマった時に、ハマったものをあてがう大作戦】で家庭学習を進めています。が、宿題やチャレンジ1年生を優先してやって欲しい母VS宮本パズルをやりたい息子、のバトルが繰り広げられております。

息子「お勉強、好き♪」

と言っている割には、宿題やチャレンジをめっちゃ渋るんですよね・・・チャレンジは辞めてもいいと言っているのに「イヤ!」の一点張り。

私「実は勉強、嫌いでしょ!?」

と聞いても「好きだよ!」と言うくせに勉強を渋るとはコレいかに。
息子はやりたい勉強だけしたいんでしょうね。

考えることが嫌いっぽい息子ではあるけれど、『賢くなるパズル』は自分で考えてやっています。非常に珍しいことなので、このまま『賢くなるパズル』で「難しい問題にぶち当たっても考える」力が身に着けばな、と思っています。

反抗期なのか性格なのか判別不能な6歳児(小学1年生)前のページ

子供が公園でアリを踏み潰す遊びをしている時の親の対応次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 勉強のコト

    【小3】スマイルゼミの解約を考える

    2020年の4月からスマイルゼミを開始しました。料金の支払いは5月…

  2. 勉強のコト

    【小3】ドリルの丸つけをするのが面倒な話

    夏休みに入り、家庭学習の時間を増やしました。学校がある時は夕方1回…

  3. 算数のコト

    【小3】まったく書けない線分図の練習をする

    算数の文章題を解くときに、線分図を書けるようになって欲しいんです。…

  4. 勉強のコト

    【小学1年生】タブレットの通信教育が気になってきた

    ついこの間小学生になったばかりと思っていた息子、気が付けばもうすぐ2年…

  5. 国語のコト

    小学校低学年にオススメの説明文(文章読解)ドリル

    小学2年生の息子は、2年生の夏から個別塾に通っています。⇒【塾のコ…

  6. 勉強のコト

    【小2】先取り学習はしようと思ってできるものではない

    子供の頭の良し悪しは、小学校低学年で分かるものですね・・・小学2年…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    ボトルフリップにハマる小学2年生
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】学校の先生の漢字の採点が甘くて困る話
  3. 8,9歳(中学年)のコト

    【小3】習い事に1人で行こう!母は送迎を卒業できるか…
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    反抗期なのか性格なのか判別不能な6歳児(小学1年生)
  5. 0.1.2歳のコト

    2歳3歳のイヤイヤ期に少しでもイライラしない対処法
PAGE TOP