算数のコト

算数は暗記?いくつといくつの一覧表の宿題に若干の疑問



今週から、「おんどく」「ひらがなプリント」の他に「さんすう」の宿題が加わりました。

息子の宿題タイムを模索した結果、夕飯後一服した後が一番素直に穏便にやってくれる気がするんですけど、開始時間が19時45分頃なので日によっては眠気との闘いになることもあるかも!?という綱渡り状態であります。

今のところ毎週時間割が配られていて、その日の宿題も記載されているので、算数ドリルの宿題に関しては時間がある土日にまとめてやることで、平日の負担を減らしています。

で、「さんすう」の宿題ですが、「算数ドリル」の他にもうひとつやるべきことがあります。
それが「いくつといくつ一覧表」の音読。

こんな感じの九九を暗記する時に使う一覧表のようなものを学校から配られました。

この表は「表と裏」があって、表は上の画像のように「5は3と2」と書いてあるけれど、裏は「2」の部分が空欄になって自分で考える仕様になっています。

で、最初は表の部分を音読する宿題が出ています。
うーん・・・読むことで頭が整理されたり記憶に残ったりもするけど、算数ってこうやって勉強するものなのかな?と少々疑問に思います。

別にこんなのやらなくても引き算やればいいだけの話じゃないの?と。これをやるなら、せめて計算ブロックを持ち帰らせてやった方がいいんじゃないのかな。

この表も、おそらく先生はどうやって読んでいくか説明していると思うんですけど、息子は知ってか知らずか音読するときに横に読んでいきました。

「4と1、4と2、4と3・・・」って感じで。
オイオイオイ、それじゃ、「4と1は何なんだよ?」と。

「えーっ、5は4と1、6は4と2、って読んでいくんじゃないの?」と聞いたら、「いいの!」とキレられ、息子は淡々と横に読んでいきました。しかも「〇と▲」という部分だけ。

これじゃ、ますます意味がないだろう、ということで、2回目の音読の時は縦に読んでもらうことにしました。私が「5は?」と言って、息子が「1と4、2と3・・・」みたいな感じで。

そもそも「いくつ と いくつ」なんて私が小学生だった時はなかった気がするんだけどな。数を分解するのなんて、それこそ10までの足し算と引き算をスラスラ解けるまで繰り返し練習してから教えた方が効率がよくないか?と素人の私は思ったりもする。

「この表、やる意味あるのかね!?」とポロッと息子の前で言っちゃったけど、今後は私の心の中に留めておこうと思います。

しかし「思考力」が重要と言われている昨今、この「いくつといくつ一覧表」なんて思考力と真逆にあるじゃん。思考するにも土台が必要で、その土台には暗記が必要な部分もあるけど、「いくつ と いくつ」の暗記なんていらんよね??



ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 算数のコト

    リラックマの「たしざん・ひきざん」ドリルでやる気UPの小学1年生

    6歳(小1)の息子はリラックマが大好き。国語の授業で自分の宝物とし…

  2. 勉強のコト

    勉強ができる子は大人の言うことに耳を傾けられる子だと思う

    小学1年生の息子は、私が思ったよりもお勉強が苦手なようです。…

  3. 国語のコト

    漢字の書き順がメチャクチャな小学1年生をどう導くか

    小学1年生の息子の漢字の書き取りを眺めていたら、それはそれは酷い状態で…

  4. 勉強のコト

    『テープのり』は家庭学習ノート作りに最適

    このコロンとした可愛い物体、「のり(糊)」なんですよ。修正テープな…

  5. 勉強のコト

    チャレンジ1年生はやっぱり凄い!6歳児が勉強のやる気を取り戻す

    チャレンジ1年生の教材が届きました。見た瞬間、息子は目を輝かせて「…

  6. 勉強のコト

    チャレンジ1年生の「こくご」をやりたがらない男の子

    息子の強い希望により始めたチャレンジ1年生。一応、4月号はワー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 算数のコト

    さくらんぼ算の教え方を勉強してみたら奥が深かった話
  2. 妊娠・出産のコト

    無痛分娩からの鉗子分娩を経て緊急帝王切開となった出産の話
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    6歳(小1)と子連れ金沢旅行、2泊3日のスケジュール
  4. 習い事のコト

    スイミングでのお菓子交換の対応
  5. 育児用品のコト

    『GPS BoT』と『みもりGPS』どっちを買おうか考える
PAGE TOP