勉強のコト

小さい子の「お勉強が好き!」程アテにならないものはない



我が息子、幼稚園児の時はこんなことを言っていました。

お勉強、好き!!

親としては嬉しい言葉です。
実際、息子は毎日ではないものの、気ノリした時は進んでドリルをしていました。

「早く小学生になって、お勉強したい!!」

とも言っていました。
親としてはとても頼もしい言葉です。

が。

が!!

実際に小学生になって勉強が始まったら様子が変わってきました・・・

宿題をしないのね。先延ばしにして先延ばしにして、最後にはやるもののこの世の終わりのような態度でグダグダです。

チャレンジ1年生も自分から「やる!」と言い出したのに、やらないのね。なんとかやり始めるもサクッと分からないと「ハァ、ハァ、ハァ・・・」とか過呼吸振り始めて、「もういやだー、分からないー」と机に突っ伏します。

分からないことないんですよ。
類似問題は出来ているし、後で冷静になれば解けるんだから。

もうね、完全にやる気の問題なんだと思います。とても「お勉強、好き!!」とは思えません。「本当に勉強好きなの?」と聞くと、「好きだよ!!」と言うのにこの態度。

「本当の事言っていいんだよ?本当は勉強、あまり好きじゃないでしょ?」

と聞いたら、ポツリポツリと言い出しました。

「実はね・・・あまり好きじゃない。幼稚園の頃は本当に勉強が好きだったんだけど、今は好きじゃないんだよね」

とのこと。
見てりゃ分かるよorz

理由を聞いたら「分からないから」とは言っていたけど、「分からない」と言う程の内容はまだやっていないし、今のところつまずいているようには思えないけど、本人的には何かが分からないんだろうな。

強いて言えば、「きゃ」とか「しゅ」とか小さい文字を使う言葉が苦手なようです。チャレンジ1年生でも、この単元の問題は目を背けてやろうとしません。

そんなに難しいものなのかな?
違和感がある文字を小さくすればいいだけなのに・・・とは思うものの、息子はインプットが完了してからでないとアウトプットをしたがらないタイプなので、とりあえずやってみる、ということに抵抗があるのかな。

幼稚園児の頃は自分が好きな勉強だけできたかもしれないけど、小学生はやらないといけない勉強が決まっています。自由にできないのが嫌なのか、勉強の速度と息子の理解が伴っていないから苦痛なのか・・・

まあ、見守っていくしかないですな。



ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 国語のコト

    【小2】音読の宿題をメッチャ嫌がるから諦めた

    小学2年生の息子は音読の宿題が大嫌いです。正確には音読の宿題「も」…

  2. 国語のコト

    文字を読むのが嫌いな小学1年生、音読の宿題を嫌がる

    「分からないから、勉強をしたくないの!!」と言い放った小学1年生・…

  3. 勉強のコト

    【小2】スマイルゼミは新コロナ休校の時間潰しに最適!

    明日開催予定だった始業式が延期になりました。いよいよ非常事態宣言が…

  4. 国語のコト

    小学1年生(6歳)音読の宿題を嫌がる

    小学校では毎日のように音読の宿題があります。小学1年生の息子は、こ…

  5. 国語のコト

    小学1年生で習う漢字は知識がないと難しい

    小学1年生で習う漢字は80文字。たった80文字ではあるけれど、これ…

  6. 勉強のコト

    勉強ができる子は大人の言うことに耳を傾けられる子だと思う

    小学1年生の息子は、私が思ったよりもお勉強が苦手なようです。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生の駄々こねで「共感」技を使ってみたら驚くほど素直になった話
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    運動神経抜群!と言われた小学1年生の息子の新体力テストの結果が微妙な話
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    嫌なことがあっても親に言わない小学1年生(6歳)
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    【小1】コロナ休校1日目、近隣の公園は沢山の子供がいた話
  5. 色々なコト(雑記)

    新コロナ休校のイライラ解消を求めてポチった商品
PAGE TOP