国語のコト

漢字の書き順がメチャクチャな小学1年生をどう導くか

小学1年生の息子の漢字の書き取りを眺めていたら、それはそれは酷い状態でした。

平仮名の書き順も微妙なところがあり、当然ながらにカタカナの書き順もボロボロです・・・が、これを指摘すると怒るんです。

聞く耳を持ってくれそうな時や、私が見ていて耐えられない時は、100均のホワイトボードを使って書き順を説明しているんですけど、私の指摘を受け入れて練習する確率は五分五分と言ったところです。

ホワイトボードを使うと息子も書きたがってくれる確率が高くなるけれど、言い方を気を付けないと消しゴムやエンピツがそこら中を飛びまわるので怖い怖いorz

書き順のみならず勉強面すべてにおいて指摘すると、瞬間湯沸かし器のように起こるのでメチャメチャ気を遣うんですよね・・・もはや最近では計算間違い以外の指摘は殆ど諦めています。

文章を書かせると「を・は・へ」が使いこなせていなくて(とくに「は」と「わ」)、「ここは「わ」じゃなくて「は」なんだよね」と言うや否や空気が凍り付くので黙っています。

最近は本を眺めはじめたから少しは変化があるといいんだけれども・・・

で、漢字の書き順について他の小学1年生はどんなもんなんだろう?と検索してみたら、このドリルを使うといいよ、というアドバイスを発見!

このドリルを薦めていた方のお子様は、となえて書くことによって正しい書き順をマスターしいたそうな。うん、素直なお子ならいいと思うよ。

でもね・・・このドリル我が家にもある。
けど、息子は決して唱えない。

このドリルに興味を示しいたときに、「声に出しながら書くといいよ♪一緒にやってみよう♪」と誘ったにも関わらず、「嫌だ!!心の中でつぶやくからいい!!」と拒否されましたよ。

もちろん心の中でつぶやくわけもなく、ささっと適当な書き順で書き進めたので、「ドリルの指示通りにできないから、やらなくていい!」と取り上げて以来、このドリルには見向きもしなくなりましたorz

また暫くしたらやってくれるかもしれないけど、当分は無理でしょうな。

じゃあ、どうすればいいのか?
やっぱり地道にご機嫌伺いしながらコツコツ教えていくしかないかな。

かきかた教室や書道を薦めている方もしたけれど、習い事となると送迎の手間や時間的金銭的な問題も発生するから、できれば自宅でどうにかしたいものです。

やっぱり息子が素直に聞く耳を持ってくれるのが1番なんですけどね。

小学1年生(6歳)の男の子が突然読書に目覚めた理由前のページ

『子育てのイライラ・怒りにもう振り回されない本』に学ぶ次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 国語のコト

    『くもんの小学ドリル1年生の文章の読解』は難しい!?

    小学1年生の息子は国語の読解力がないです。それが顕著にあらわれ…

  2. 勉強のコト

    勉強習慣は低学年のうちに身に着けておくべきは本当かも

    小学2年生の息子は、勉強があまり好きではない。だけど、ここ最近はや…

  3. 勉強のコト

    考える問題がとにかく嫌いな小3男子

    かつては宿題バトルを繰り広げていた息子も、小学3年生になり、私が何も言…

  4. 算数のコト

    算数は単純計算が好きな小学3年生

    小学3年生の息子は、単純な計算問題が好きみたいです。夏休み中は毎日…

  5. 勉強のコト

    【小1】15分程度の勉強をやらせるのに1,2時間かかる話

    正直、自分の子供に勉強をさせることにここまで手がかかるとは思いませんで…

  6. 算数のコト

    小1算数のレベルアップを図る!Z会グレードアップ問題集を投入

    色々な学習系blogを読んだ結果、結局のところ学力向上の為に利用する問…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 色々なコト(雑記)

    コロナ禍+気温37度=1日中テレビ三昧
  2. 育児・教育本のコト

    小学1年生(6歳)の男の子の集中力を高めるには
  3. 8,9歳(中学年)のコト

    用心深い新小学3年生(8歳)
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    小学2年生の息子と喧嘩ばかりの1日
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    コロナウイルス騒動で小学校が休校!?習い事は自主休会しました
PAGE TOP