育児・教育本のコト

『国語って子どもにどう教えたらいいの?』を読んで親の国語力のなさに気が付く



息子の国語力が壊滅的だと判明した1学期。

とりあえず「国語は答えが文章の中に書いてあるから、聞かれていることを探すと良いよ」と教え、単純な文章読解のドリルをやらせることにしました。

国語が壊滅的な息子に投入したドリル

このドリルは1、2行程度の問題も掲載されているので、国語力が壊滅的な息子でもなんとか取り組めました。ギリギリなんとか、って感じでしたが・・・

ただ、そんな簡単な問題と、息子にはハードルの高い問題の両極端な構成で、ちょっと見にくいドリルなので、間にこのドリルを投入してみることに。

これは実にイイ!

1枚1題ですごく見やすい。
問題も、答えが文章の中にあるから、探し出す練習にもなります。

検索していたら、これもよさげ。

こんな感じで、最低限の国語力を身に着けている最中の息子。
その息子を育てている母である私にピッタリじゃないの!?という本を図書館で借りてみました。

国語が壊滅的な息子に投入したドリル

『国語って、子どもにどう教えたらいいの?』
まさにその通りのタイトル。

「ふくしま式」で有名な国語の先生である福嶋隆史氏の本です。

この本は、ふくしま式の国語指導法にのっとりつつも、より幅広く、音読、漢字、日記、テスト直しなど、家庭で意外と重荷になっているであろうことがらを盛り込むように意図しました。

というだけあって、国語の基礎からどうやってアドバイスすればいいのかの具体的な声掛けと、何故そういう声掛けをするのが効果的なのか、が書かれた本でして、私も最初の方は「なるほどね」とフンフン読んでいたんですよ。

ただね、途中から気が付いた。
そもそも母親である私の国語力も大したことがない。

本の中に例題がちょいちょい登場してくるのですが、私、全く思いつかなかった・・・でもね、大人の私が全く思いつかなかった問題、中学受験ででるんだってよorz

しかも、「答えは文書の中にある」でやっていけるのは、ぜいぜい3年生くらいなんだってよ・・・それ以降は自分の体験と照らし合わせて書くんだってよ・・・

うん、無理だ。
私には教えられない、というか、私が学ばねばならない。

本メモ

テストの点が低いときは「まず5点分!」

テストの点数が悪いときは、いきなり100点を目指すのではなく、まずは5点UPを目指す。点数が取れそうなところ、5点の失点を防げそうなところを探し、点数をコツコツ積み上げることが大事なんだな。

これ、佐藤ママの本にも書いてあった気がする。

読書が国語力を伸ばす理由

「読書とは、他者の思考回路を獲得すること」
他者の思考を追体験できることこそ、読書の真価だそうです。

息子がこの境地に辿り着くのはまだまだ先だな。
だって、借りてきた本も読まないで眺めているだけだもん。

国語力を高める3つの技術

  1. 言いかえる力
  2. くらべる力
  3. たどる力


ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 育児・教育本のコト

    『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』で新たな視点に気づく

    『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』という本を図書館で借り…

  2. 育児・教育本のコト

    『「学力」の経済学』を読んで客観的で効率的な教育をしよう

    『「学力」の経済学』という本を読んだんですけど、コレ、凄く面白い!…

  3. 育児・教育本のコト

    6歳(小学1年生)にお小遣いをあげることを考える

    小学1年生になった息子に、そろそろお小遣いをあげようかな、と思ったので…

  4. 育児・教育本のコト

    『受験と進学の新常識』で子供の大学入試について考える

    図書館で予約してから半年。やっとこさ順番が回ってきた『受験と進学の…

  5. 育児・教育本のコト

    『国語が得意科目になる「印つけ」読解法』を読んで

    私自身、「国語」が苦手でした。『作者の意図を答えなさい』という…

  6. 育児・教育本のコト

    子供の学力は親からの遺伝という真実

    『日本人の9割が知らない遺伝の真実』という本を読んでみました。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生の日本人の息子の友達が中国人ばっかりな件
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    千里浜なぎさドライブウェイで波打ち際遊び
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    7歳の誕生日の過ごし方
  4. 国語のコト

    文字を読むのが嫌いな小学1年生、音読の宿題を嫌がる
  5. 算数のコト

    思考力の前に公文の足し算引き算ドリルで基礎固め
PAGE TOP