育児・教育本のコト

子供の学力は親からの遺伝という真実



日本人の9割が知らない遺伝の真実』という本を読んでみました。

「子供の学力は親からの遺伝」という話はネット上にゴロゴロと転がっているけれど、本当に遺伝なのか疑問に思っていました。そんな疑問に答えてくれたのがこの本なんですけど・・・

「子供の学力は親からの遺伝」というのは本当らしい。

両親共に優秀でも、たまたま子供に受け継がれた遺伝子が良くないこともあるけれど、両親共に優秀ではない遺伝子を受け継いだ子供よりは、優秀である確率が高い、みたいな。

「トンビがタカを産む」状態は、親の遺伝子自体は優秀なのに、それを発揮する機会がなく自分自身も自分が優秀と気が付かなかったパターンか、たまたま良い遺伝子ばかりが良い塩梅で子供に受け継がれたパターン、ってことなんでしょうね。

裕福な家庭の場合は、子供に色々な経験をさせられるから、子供の才能を発見する機会が多い。逆に、裕福でない場合は、親がよっぽど工夫をしないと、なかなか子供が何の才能を秘めているのか分かりずらい。

だけど、お金を稼ぐ力は親の経済力よりも遺伝の影響が大きいとも書かれていました。

で、我が息子はどうなのか?
今のところ、夫と私の平均値な気がします。

私は要領は良いけど努力の仕方が分からないタイプ、夫は要領はすこぶる悪いけど努力はするタイプ。息子は、「要領は良くはないけど夫程悪くはない、自分の興味のあることには努力を惜しまない、だけど飽きっぽいタイプ」そんな気がします。

学力が親からの遺伝であることを考えると、息子に対してすこぶる高い学力を期待するのは難しい。というか、地頭の良さは期待できないから、上を目指すには相当の努力を要するだろうことが予想できます。

まぁ、男の子なので、どこに何のスイッチがあるのか、いつスイッチが押されるのかは未知数。

親に出来ることは、できるだけ色々な経験をさせてあげて、息子にどんな才能があるのか、何に向いているのかを一緒に模索してあげること、かなと思います。

子供の能力が遺伝子に左右される、ということが分かると、やっぱりコレが気になる。
GIQ子ども能力遺伝子検査

「遺伝の真実」は知っておいて損はないので、子を持つ親は一読しておくと今後の参考になるかもしれません。



ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 育児・教育本のコト

    『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』で新たな視点に気づく

    『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』という本を図書館で借り…

  2. 育児・教育本のコト

    『「学力」の経済学』を読んで客観的で効率的な教育をしよう

    『「学力」の経済学』という本を読んだんですけど、コレ、凄く面白い!…

  3. 育児・教育本のコト

    『国語が得意科目になる「印つけ」読解法』を読んで

    私自身、「国語」が苦手でした。『作者の意図を答えなさい』という…

  4. 育児・教育本のコト

    『子育てのイライラ・怒りにもう振り回されない本』に学ぶ

    息子は現在、6歳11か月。私が母親になってもうすぐ7年になります。…

  5. 育児・教育本のコト

    『受験と進学の新常識』で子供の大学入試について考える

    図書館で予約してから半年。やっとこさ順番が回ってきた『受験と進学の…

  6. 育児・教育本のコト

    小学1年生(6歳)の男の子の集中力を高めるには

    『ちゃんと集中できる子の脳は10歳までに決まる』という本を読んでみまし…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. スイミングのコト

    まさかの大どんでん返し!スイミングの進級テストに合格した話
  2. ワタシのコト(雑記)

    育児書は図書館で借りないと読破できない
  3. ワタシのコト(雑記)

    戦々恐々の小学校PTA役員決め!新一年生は様子見で情報収集が吉
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    【新小学1年生】入学前に小学校に遊びに行く
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    何故⁉提出物を出さない小学1年生(6歳)
PAGE TOP