勉強のコト

タブレット教材と紙教材、どっちがいいか問題

        ※当ブログは広告を掲載しています


現在、小学2年生の息子。

小学1年生の時は、紙ベースのチャレンジをやっていました。
でも、4か月で退会・・・

その後、宿題と家庭学習ノートで学習ペースをつかんだかと思いきや、新コロナ休校でグダグダ。危機感を覚え、慌ててスマイルゼミを申し込んでもうすぐ1年。

やっぱり勉強があまり好きではない子はタブレット教材の方が合うのね!
・・・なんてことはナイ。
確かにタブレット教材は最初の食いつきが凄くイイ!だけど、結局内容は紙と同じだから次第にやらなくなるんですよ。

息子もだんだんとその月の講座を全部クリアできないことが多くなり、数か月分ため込んでいました。だけど、アプリゲーム時間を取引材料に淡々と取り組むことができるように!

こういうところはタブレット教材の醍醐味ですね。

ちなみに何でチャレンジタッチじゃなくてスマイルゼミにしたかというと、ブログの口コミを見てスマイルゼミの方が操作性が高かったからです。チャレンジタッチを使ったことがないからスマイルゼミについてしか分からないけれど、確かにスマイルゼミを使っていて、操作面で不都合を感じたことはないかもな・・・

なんて書くと断然タブレット教材に軍配があがりそうですが、やっぱりタブレットによる自動採点システムだと親が子供の苦手なところが把握しにくいのは確かです。

息子はタブレットのみならず、紙でもドリルや塾の宿題、家庭学習ノートをやっているので、そこで苦手な分野は把握できるけど、タブレットだけだとブラックボックス。

やっぱり、どっちが良くて、どっちかがダメということではなく、両方ともメリット・デメリットがあるのは感じます。

ただ、紙かタブレットか、どちらかの教材を選ぶとすると、やっぱりタブレットの方がいいです。
紙だったら市販のドリルで事足りるから、敢えて選ぶならタブレット!
※スマイルゼミをやる前まではタブレット反対派でしたけど

3年生からの理科・社会が、どんな感じで学習提供されるのか楽しみです。
【PR】スマイルゼミの資料請求はコチラ

ドリルの間違い直しを次の日に先延ばしにする小2男子前のページ

小2男子とのカラオケデートで成長を感じる次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 算数のコト

    【小3】算数の「大きな数」ができない

    小学3年生の息子、「大きな数」ができませんorzもうね、前々から分…

  2. 国語のコト

    祝!小学1年生、国語のテストで初めて100点を取る

    小学1年生の息子が遂に、カラーテストで100点を取りました!いやー…

  3. 算数のコト

    【小1】文章を読む時に背景が思い浮かばない

    小学1年生の息子は国語がやや苦手です。息子なりに少しずつ成長は…

  4. 国語のコト

    思ってたんと違う!?小2の漢字を覚え間違えていた疑惑

    息子の漢字学習は、主に家庭学習ノートを使って行っています。…

  5. 国語のコト

    【小3】国語苦手男子に取り組ませているドリル

    小学3年生の息子の日本語力(国語力)は、かなり低い・・・文字を…

  6. 国語のコト

    小学1年生で習う「漢字の成り立ち」を刷り込む大作戦

    先日から「漢字の成り立ち」をホワイトボードに書くことにしました。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 国語のコト

    文章読解が苦手な小学2年生の誤答パターン
  2. 8,9歳(中学年)のコト

    もはや監視?すぐに母親を見る小学3年生
  3. 小学1年生のコト

    【小1】新コロナ一斉休校で母を監視・束縛をする息子
  4. 10,11歳(高学年)のコト

    【小5】母親に対して過保護な男の子
  5. 色々なコト(雑記)

    隣の洗濯機の音がうるさい!
PAGE TOP