ワタシのコト(雑記)

『未来のミライ』のくんちゃんが息子ソックリでイライラする話



大分前に録画した『未来のミライ』を見ました。

これは息子の時間つぶし用に録画したもので息子は既に見たんですけど、私は初めて見ました。映画公開当初、よくCMが流れていたから”子供の話”なんだなというのは分かっていたけれど、私の想像とはまるで違う内容でした。

私の想像は、未来のミライちゃんとお兄ちゃんである4歳の男の子との冒険ファンタジーかと思ったら、4歳の男の子が主人公でミライちゃん自身は殆ど出てこないのね・・・

で、この主人公である4歳の男の子「くんちゃん」が相当イライラさせられる。
まるで7歳の我が息子を見ているようで、実にイライラする。

この映画、誰に向けて作ったものなの?

親に対して「子供に愛情を注げよ」というメッセージなのか、それとも、子供に対して「ワガママばっかり言っているんじゃないよ」というメッセージなのか・・・正直、この映画で何が言いたいのか分からんかった。

ただね、この「くんちゃん」が息子ソックリであり、「くんちゃんのお母さん」が私ソックリなのには驚いた。

「くんちゃん」は突然妹がやってきて親の愛情を妹に取られたという背景があるけれど、我が息子は一人っ子。つまりよ、くんちゃんは妹がくるまではイイコだったのか?と思うわけです。息子は赤ちゃん返りの幼稚園児のような性格がデフォルトなのか・・・

「くんちゃん」の両親の態度を見ていると、そんな態度じゃ子供も余計に反抗するよね、と客観的に見ていて分かるけど、「くんちゃん」みたいにイチイチ親に反抗して嫌がらせするような態度を取っていたら、そりゃ両親もああいう態度になるよ、とも思う。

この映画はある意味私にとっては反面教師なのかもしれない。
この映画のお陰で、私も息子にもっと寄り添う態度を取れば、関係は修復していくだろう、と。

幼稚園児の頃も、同じような記事を書いたことがあります。

その時も息子に優しくしないと!と頭でわかっているけれど、同じ事を何回も言わせられたり、ワザととしか思えないくらい嫌がらせな態度をされると優しくするのが難しいんですよね。

それでも出来るだけ穏便に接するように努力しているんですけど年齢が上がるにつれ、「それくらい自分でやって!」ということや、「何千回同じ事を言わせるんだ!(年齢が上がると言う累積回数が単純に増える)」ということが多々あり、やっぱりイライラしちゃうわけで。

息子は私が思っている以上に私を求めているみたいです。たった数メートル先にあるお風呂場に行くにも「見送って」と手を繋いでくるし、一緒に寝ることを要求するし、自分が見ているテレビを一緒に見ることを求める。

正直なところ、それくらい一人でお願いしますよ、私は私のやりたいことをやりたいんですよ、と思うし、息子にも訴えてはいるけど、ここはもう息子はそういう性格なんだと受け入れた方がお互いに穏便に過ごせると思うので、暫くはそれで様子を見ていこうと思います。

『未来のミライ』はイライラさせられる映画だったけど、私と息子の関係を客観的に見る良い機会だったかもしれません。



ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. ワタシのコト(雑記)

    2019年を振り返って

    もうすぐ2019年が終わりますね。ここ数年、穏やかに健やかに年末を…

  2. ワタシのコト(雑記)

    隣の洗濯機の音がうるさい!

    1か月前から、急に隣の洗濯機の音がうるさくて気になり始めました。そ…

  3. ワタシのコト(雑記)

    新コロナでの一斉休校は専業主婦も大変なんです

    新コロナウイルス、とうとう我が町にもやってきた模様。ママさん情報網…

  4. ワタシのコト(雑記)

    小学1年生の男の子の動きは見ているだけで疲れるらしい

    「うわー、見ているだけで疲れるわ・・・」息子の動画を友達に見せた5…

  5. ワタシのコト(雑記)

    子連れ金沢旅行で昼ドラ『花嫁のれん』のロケ地を巡る

    2019年の家族旅行・金沢旅行記もこの記事で最後です。⇒今までの旅…

  6. ワタシのコト(雑記)

    パルシステムの定期便と指定便を実際に使ってみた比較

    現在小学1年生の息子が産まれた頃からパルシステムをはじめました。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    夏休み間近!持ち帰った朝顔の育て方の勉強が必要である
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生1学期の個人面談が育児相談になってしまった話
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生(6歳)お小遣い制度をはじめる
  4. 算数のコト

    算数は暗記?いくつといくつの一覧表の宿題に若干の疑問
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生のお友達トラブル、連絡帳に書いたらあっという間に解決した話
PAGE TOP