勉強のコト

勉強習慣は低学年のうちに身に着けておくべきは本当かも

小学2年生の息子は、勉強があまり好きではない。
だけど、ここ最近はやるべき勉強を言われなくてもやる日が増えてきました。

とうとうここまで来たか・・・本当に大変でしたよorz

2年生の最初はコロナ休校に便乗し、勉強ボイコット。
学校からの課題をさせるのも一苦労。

学校が始まり、宿題バトル再び。
音読の宿題をさせるのは諦め、最低限の計算・漢字だけをやらせるために毎日バトルが繰り広げられました(1年生の1学期のようだった)。

宿題はやるけど、なんか不安。
毎日の怒涛のバトルにより宿題はなんとかやるようになったものの、毎日の勉強時間が少なすぎて不安。だって、学校のカラーテストの点数が悪いんだもん・・・

思い切って塾に入塾。
無料体験⇒初回限定の安く受講できる夏期講習に参加⇒入塾決定。

ここから息子の勉強意識が変わってきました。
それでもやるべき勉強(スンナリやれば全部で20分~30分程度の内容)に取り組むまでに時間がかかったり、ダラダラやったり、最後までやりきらなかったり・・・

毎日毎日同じことを言い続ける。
「やるべきことはやろうね!!」「やるべきことをやれば何もいわないよ!!」を繰り返し言い、やるべき勉強はやりなさい!バトルが繰り広げられました。

その結果、私にガミガミ言われる前にやるようになってきた(⇐今ココ)!!
今までを振り返って思ったことはコレ。

バトル大事!!!

バトルをすると親子ともに消耗するし、勉強がもっともっとキライになるんじゃないか?と放置することも考えるけど、やっぱり繰り返し言うのは大事だと思いました。

でもこれ、小学校低学年だから使える技なのかもしれません。
反抗的な言動をしても、まだまだ息子は母LOVEです。
私は愛情の海に溺れて苦しくなるくらい、毎日息子から愛されています。

これが大事。
母LOVE期に勉強習慣をつけないと、思春期になって本格的な反抗期になったら手がつけられないもん。

ただ、今はなんとなく身についているような気がする勉強習慣も、いつ崩壊するか分からないけれど、低学年で全く勉強をせずに過ごすよりは・・・マシだと・・・思う・・・うん、たぶん。

3年生の目標は、毎日スンナリとやるべき勉強に取り組むようにする。
できれば自己採点をして、間違いはその日のうちに解きなおす。
4年生になる前にできるようになってくれたら万々歳ですな。

小学3年生に向けて英語学習を考える前のページ

小2男子の珍事件!筆箱の中身がカラッポ!!次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 国語のコト

    小学1年生の漢字を定着させるために漢字単語帳を作ろう

    息子は4月から小学2年生になりました。だけど、新コロナ一斉休校…

  2. 勉強のコト

    【小2】問題の間違いを受け入れるようになってきた

    息子は解いた問題にバツをされるのが嫌いでした。小学1年生の時は…

  3. 勉強のコト

    『テープのり』は家庭学習ノート作りに最適

    このコロンとした可愛い物体、「のり(糊)」なんですよ。修正テープな…

  4. 勉強のコト

    四谷大塚の無料オンライン講座に申し込んでみた

    なんと!四谷大塚が『全国統一オンライン講座』を緊急開校するそうです。…

  5. 算数のコト

    算数は暗記?いくつといくつの一覧表の宿題に若干の疑問

    今週から、「おんどく」「ひらがなプリント」の他に「さんすう」の宿題が加…

  6. 勉強のコト

    小学1年生の夏休みの宿題と勉強計画

    小学校入学後、最初の夏休みが始まります!約40日。遊びに勉…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 勉強のコト

    【小2】スマイルゼミ受講開始から2か月「飽き期」到来!?
  2. 国語のコト

    小1(6歳)自ら漢字の先取り練習をはじめ、思わぬ効果がありました
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生(7歳)公園遊びが嫌いなお年頃?
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    6歳(新小1)の息子と料理をしてみた
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    小2男子が学校の図書室で借りた本を褒められた話
PAGE TOP