育児・教育本のコト

『子どもにクソババアと言われたら』という本を読んでみた



先日、図書館に行ったら「育児書コーナー」が設置されていました。
その中で最も目に留まったのがこの本です。
子どもにクソババァと言われたら 思春期の子育て羅針盤

本の中身は、親子あるあるエピソード四コマ漫画と、そのマンガのエピソードの解説、という構成で、あっという間に読み終わらせることができるライトな本でした。

あぁ、育児本でも読んだことがあるな、という内容なんですけど、こういうのって本を読んでもすぐに忘れちゃうから、繰り返し見返すことで「そうだ、そうだ」と思い返せるのがいいですね。

いわゆる「反抗期」で、親のパワーと子供のパワーがぶつかって、子供のパワーが強くなっていく(自立していく)のが育児であり、そのパワーがぶつかる時に「クソババァ」とか「うるさい!」とか言われるそうです。

この本を読むと「反抗期は喜ぶべきものである」という心構えができます。

子供が親のパワーに屈して、いつまでも子供に圧をかけるのはダメなんだな、ということも同時に書いてあったので「なるほどな」って感じでした。

親子のパワーがぶつかり合い、無事に子供のパワーが強くなれば、小学3,4年生頃から子が親に反発しはじめ、小学5,6年生頃から親とぶつかり出し、中学3年生頃から親子でぶつかることが少なくなるそうな。

逆に、いつまでも親のパワーで子供を押さえつけていると、小学3,4年生頃から子が親に反発するものの、小学5,6年生頃から自分に自信がもてなくなり、中学3年生頃から親に受け止めてもらえず諦めるようになるそうな。

でも、子育てはいつからでも軌道修正できるから!という感じで話がまとまっていました。

子供の年齢が上がっていったら、出来るだけ手を出さずに見守っていくことが重要なんだな、と再起認識させられた本でした。

息子はすでに私に対して「うるさい、クソババァ」と言っているので、思春期本番になったらどうなるんだろうね・・・orz

しかし、「クソババァ!」は、子育て大成功の証!らしいので、とりあえず子育て成功しているんだと思います・・・本当か・・・ちょっと言われる時期が早いような気がしないでもないけれども・・・



【小2】ドリルの採点・見直しバトル勃発前のページ

小学2年生、ドリルの自己採点に目覚める!?次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 育児・教育本のコト

    『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』で新たな視点に気づく

    『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』という本を図書館で借り…

  2. 育児・教育本のコト

    『男の子の学力の伸ばし方』を読んで安心した話

    図書館で『男の子の学力の伸ばし方』という本を借りてみました。ネット…

  3. 育児・教育本のコト

    小学1年生(6歳)の男の子の集中力を高めるには

    『ちゃんと集中できる子の脳は10歳までに決まる』という本を読んでみまし…

  4. 育児・教育本のコト

    6歳(小学1年生)にお小遣いをあげることを考える

    小学1年生になった息子に、そろそろお小遣いをあげようかな、と思ったので…

  5. 育児・教育本のコト

    子育てで最も大事なのは「忍耐力」

    久々に育児本を図書館で借りてみました。『子どもの地頭とやる気が育つ…

  6. 育児・教育本のコト

    『子育てのイライラ・怒りにもう振り回されない本』に学ぶ

    息子は現在、6歳11か月。私が母親になってもうすぐ7年になります。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    6歳(新小1)の息子と料理をしてみた
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    小2男子、お母さんは若くてキレイな方がいいらしい
  3. 勉強のコト

    【小2】『くもんのにがてたいじドリル』で最低限を抑えよう!作戦
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    男の子はその気がなくても壁に穴を開ける
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    本嫌いの小学2年生に『ねこねこ日本史』を与えた結果
PAGE TOP