育児・教育本のコト

『思春期男子の育て方』で数年後の息子を学ぶ

        ※当ブログは広告を掲載しています


男の子のターニングポイントは10歳。
既に8歳8か月の息子、後、1年ちょっとで10歳になってしまいます。

早い子だと10歳くらいから思春期の入り口に突入するそうです。
我が息子はいつまでも幼いけれど、反抗精神は一人前。
今のうちに「男の子の思春期」について知っておこうと思い、こちらの本を図書館から借りてきました。

うん・・・まぁ、基本は本人に任せ、なるべく口を出さず、かといって放置するわけではなく、生暖かく見守ることが大切、ってことですね。

対応方法は今から少しずつ練習していこう。

今も、なるべく余計なことは言わないようにしているけれど、それでも我慢しきれずにチョイチョイ言っちゃうんですよね。
しかも、一度言い始めると、次から次へと言わずにはいわれなくなるorz
なるべく最低限のことだけ伝えるようにシフトしていかなければ・・・

思春期の男の子の頭の中は、部活動、異性、友達、食べ物、テレビが主で、その中に「勉強」が入る余地は全くない!そうな。
となると、やっぱり思春期までに勉強習慣と、出来れば自分で何を勉強しようか決められるようになってくれればいいな。

今のところ、勉強習慣はつきました。
夏休みに入った今も、朝起きたらご飯を食べる前にすぐに勉強に取り掛かっています。
夕方も、テレビタイムの前に勉強に取り掛かっています。
全ては、youtube&ゲームをするためです!!

息子も「お楽しみタイムの前に勉強」というルーティンが出来たので、これをいかに継続できるかがポイントです。

中学生が思春期真っ盛り!勉強?ナニソレ・・・状態だと、やっぱり不安に思うのが高校受験。
どの学校に進学するかは本人の希望に任せるにしても、お母さん的には高校の偏差値を把握して相談に乗ってあげられる状態にしておくのがベストだそうです。

私は今、地元に住んでいるし都立高校出身なので、都立だったら偏差値は大体把握しているものの、中堅以下の学校は廃校になってしまったり、新たに新設されている学校があるのでリサーチが必要かな。

やっぱり、まだ親の言う事を聞くうちに中学受験をさせて、思春期の時期は高校生のお兄さん達を見てゆったり育って欲しいな、とも思います。
私立の学校の方が勉強の面倒見もよさそうだし、男子校だと男の先生が見守ってくれそうなイメージ。
それか、いっそのこと寮のある学校に行って、精神的にも独立してくれたら万々歳だなぁ(遠い目)

思春期男子、お手柔らかにお願いしたいものです。

【小3】好奇心がない子供ほど母親の影響を多大に受ける前のページ

小学3年生の個人面談、当たり障りなく終了次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 育児・教育本のコト

    『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』で新たな視点に気づく

    『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』という本を図書館で借り…

  2. 育児・教育本のコト

    子供の褒め方・しかり方は共通している

    「読まない・書かない・考えない」の小学3年生の息子の学力を少しでも伸ば…

  3. 育児・教育本のコト

    6歳(小学1年生)にお小遣いをあげることを考える

    小学1年生になった息子に、そろそろお小遣いをあげようかな、と思ったので…

  4. 育児・教育本のコト

    『男の子の学力の伸ばし方』を読んで安心した話

    図書館で『男の子の学力の伸ばし方』という本を借りてみました。ネット…

  5. 育児・教育本のコト

    【小3】親の誘導で勉強するなら苦労しない

    『「やる気」を科学的に分析してわかった小学生の子が勉強にハマる方法』を…

  6. 育児・教育本のコト

    『小学生のうちに身につけたい!「勉強」のキホン』を読んでみた

    『小学生のうちに身につけたい! 「勉強」のキホン』を図書館で借りてみま…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    小学2年生(8歳)歯列矯正の相談をしてきた話
  2. 8,9歳(中学年)のコト

    【小4】ICT教育は弊害!?学校配布のクロームブック迷惑問題
  3. 育児・教育本のコト

    『息子のトリセツ』を読んでみた
  4. 勉強のコト

    【小2】勉強は先生以外には教わりたくないらしい
  5. 小学1年生のコト

    小学1年生の男の子が選んだ「宝物」
PAGE TOP