勉強のコト

【小3】ドリルの丸つけをするのが面倒な話

夏休みに入り、家庭学習の時間を増やしました。
学校がある時は夕方1回だったのを、午前と午後の2回にしたのです。
といってもね・・・2回合わせて30分足らずだけどさ・・・

夏休みが始まった当初は、1回あたり20分程度を想定した量を用意していたんですけど、もうさ、とにもかくにも丸つけが面倒くさい!!

息子の場合、完璧に解けるものが少ないので、チェックがなお一層大変なんですわ。
特に国語の場合は、答えとなるヒントも書き足しているので時間がかかるかかる。

単なる丸つけですら面倒なのにさorz
というわけで、やらせる量を減らしたのです。

減らしたんだから、息子自身にもドリルを解くときに「丁寧に読んで解いて」と言っているのに、相変わらずやっつけ仕事状態で解いているからさ・・・だから間違えたり計算ミスするんだよ!!

相変わらず、「わ」と「は」の使い分けができない!
「でんわ」を「でんは」と書いているドリルを見て、私がどれだけワナワナしているか想像できるでしょうか。
何回も「言葉と言葉を繋ぐ”わ”は”は”だ!」と言ってるのにね。

心身ともに面倒くさい状態に陥っています。
一応、自動採点してくれるスマイルゼミもやっているんですけど、分量としては足りないし、同じミッションを繰り返しやってくれるわけではないし、なかなか悩ましいところです。

全問正解、たまに間違い、という優秀な子の採点だったら楽しいんだろうな・・・

自分で採点させるにしても、その採点自体が間違えていることもあるだろうし、間違えた部分は単に答えを写して終了しちゃうし、そもそも「どこに答えが書いてあるのか分からない!」という息子。

小学3年生ってこんなにも幼いのか・・・
はたまた息子が特に幼いのか・・・

たださ、親が採点した方が、子供が何をどうやって間違えているのかがわかるし、厳しくチェックできるし、子供が解き直す時も答えを写すだけじゃないから、それはそれで有意義ではあるけれど、やっぱり丸つけ作業は面倒だな、と感じた話でした。

あと、ドリルを消化してくれるのはいいけれど、新しいドリルや問題を用意して揃えるのも、かなり親の時間がとられて面倒な作業と化しています。まぁ、全く勉強しない!という悩みよりは幸せな悩みですがね。
でもさ、そもそも元から勉強できる子だったら、そんなにやらせる必要もないんだよな・・・

子供の褒め方・しかり方は共通している前のページ

【小3】コロナ禍の夏休み、もはやただの消化試合次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 算数のコト

    先取り学習に興味津々の小学1年生に「さくらんぼ計算」を教えてみた

    ここ数日、息子にお勉強ブームが到来した模様。こういう時は大抵、先取…

  2. 勉強のコト

    【小2】『くもんのにがてたいじドリル』で最低限を抑えよう!作戦

    小学2年生の息子は、1学期の勉強がどうも定着していない模様。まあね…

  3. 勉強のコト

    勉強ができる子は大人の言うことに耳を傾けられる子だと思う

    小学1年生の息子は、私が思ったよりもお勉強が苦手なようです。…

  4. 6,7歳(低学年)のコト

    小学2年生にベン図(算数)が理解できるのか?

    小学2年生の息子、2学期から週1回個別指導塾に通っています。【関連…

  5. 勉強のコト

    Z会の「お試し教材」と「まんてんドリル」の充実っぷりがスゴい!

    Z会の魅力的な広告を見て、資料請求してみました。⇒Z会小学生向けコ…

  6. 算数のコト

    小1算数のレベルアップを図る!Z会グレードアップ問題集を投入

    色々な学習系blogを読んだ結果、結局のところ学力向上の為に利用する問…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 算数のコト

    計算カードの宿題をやらない小学1年生への対処法
  2. 8,9歳(中学年)のコト

    小学3年生でも子供同士の遊ぶ約束は曖昧
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生(7歳)サンタの存在を疑い始める
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生(7歳)のクリスマスの過ごし方
  5. 色々なコト(雑記)

    小学1年生の母、コロナ休校でストレスがたまる
PAGE TOP