勉強のコト

【小3】ドリルの丸つけをするのが面倒な話

夏休みに入り、家庭学習の時間を増やしました。
学校がある時は夕方1回だったのを、午前と午後の2回にしたのです。
といってもね・・・2回合わせて30分足らずだけどさ・・・

夏休みが始まった当初は、1回あたり20分程度を想定した量を用意していたんですけど、もうさ、とにもかくにも丸つけが面倒くさい!!

息子の場合、完璧に解けるものが少ないので、チェックがなお一層大変なんですわ。
特に国語の場合は、答えとなるヒントも書き足しているので時間がかかるかかる。

単なる丸つけですら面倒なのにさorz
というわけで、やらせる量を減らしたのです。

減らしたんだから、息子自身にもドリルを解くときに「丁寧に読んで解いて」と言っているのに、相変わらずやっつけ仕事状態で解いているからさ・・・だから間違えたり計算ミスするんだよ!!

相変わらず、「わ」と「は」の使い分けができない!
「でんわ」を「でんは」と書いているドリルを見て、私がどれだけワナワナしているか想像できるでしょうか。
何回も「言葉と言葉を繋ぐ”わ”は”は”だ!」と言ってるのにね。

心身ともに面倒くさい状態に陥っています。
一応、自動採点してくれるスマイルゼミもやっているんですけど、分量としては足りないし、同じミッションを繰り返しやってくれるわけではないし、なかなか悩ましいところです。

全問正解、たまに間違い、という優秀な子の採点だったら楽しいんだろうな・・・

自分で採点させるにしても、その採点自体が間違えていることもあるだろうし、間違えた部分は単に答えを写して終了しちゃうし、そもそも「どこに答えが書いてあるのか分からない!」という息子。

小学3年生ってこんなにも幼いのか・・・
はたまた息子が特に幼いのか・・・

たださ、親が採点した方が、子供が何をどうやって間違えているのかがわかるし、厳しくチェックできるし、子供が解き直す時も答えを写すだけじゃないから、それはそれで有意義ではあるけれど、やっぱり丸つけ作業は面倒だな、と感じた話でした。

あと、ドリルを消化してくれるのはいいけれど、新しいドリルや問題を用意して揃えるのも、かなり親の時間がとられて面倒な作業と化しています。まぁ、全く勉強しない!という悩みよりは幸せな悩みですがね。
でもさ、そもそも元から勉強できる子だったら、そんなにやらせる必要もないんだよな・・・

子供の褒め方・しかり方は共通している前のページ

【小3】コロナ禍の夏休み、もはやただの消化試合次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 国語のコト

    小学1年生で習う「漢字の成り立ち」を刷り込む大作戦

    先日から「漢字の成り立ち」をホワイトボードに書くことにしました。…

  2. 国語のコト

    【小3】漢字の書き順クイズで思い通りにいかず

    子供に勉強をさせるには、勉強に対して「ワクワク」させる必要があるそうで…

  3. 勉強のコト

    【小2】問題の間違いを受け入れるようになってきた

    息子は解いた問題にバツをされるのが嫌いでした。小学1年生の時は…

  4. 算数のコト

    【小1】文章を読む時に背景が思い浮かばない

    小学1年生の息子は国語がやや苦手です。息子なりに少しずつ成長は…

  5. 国語のコト

    勉強嫌いの小2『おばけずかん』の漢字ドリルに興味を示すか?

    小学2年生の息子は、勉強が嫌いだし、本も読みません。ただ、学校…

  6. 勉強のコト

    小さい子の「お勉強が好き!」程アテにならないものはない

    我が息子、幼稚園児の時はこんなことを言っていました。「お勉強、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    【子連れ金沢旅行記】のとじま水族館はこじんまりしていて見やすい
  2. 算数のコト

    さくらんぼ算の教え方を勉強してみたら奥が深かった話
  3. スイミングのコト

    まさかの大どんでん返し!スイミングの進級テストに合格した話
  4. 8,9歳(中学年)のコト

    音楽の授業が嫌で登校拒否をした小学3年生
  5. 勉強のコト

    チャレンジ1年生の「こくご」をやりたがらない男の子
PAGE TOP