勉強のコト

チャレンジ1年生の「こくご」をやりたがらない男の子

息子の強い希望により始めたチャレンジ1年生。

一応、4月号はワークもやり、赤ペンも提出。
で、今頭を悩ませられているのが5月号の「こくご」です。

チャレンジ1年生5月号の進捗状況

ワークは「さんすう」は終了、赤ペンも提出済み。
ではあるものの「こくご」が全く進まない・・・

息子「さんすうだけやりたい

と言っていたので、それならチャレンジ1年生じゃなくて、算数ドリルをやればいいんだから、

私「こくごをやりたくなければやらなくていいよ、その代わりチャレンジ止めようね

と提案しているにも関わらず、それは「イヤ!」なんだそうな。じゃあ、チャレンジのこくごもやろう、と言うと、それも「イヤ!」。

もう堂々巡りですわ。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

6歳の男の子が国語が嫌いな理由

息子に何で「こくご」をやりたくないのか聞いてみました。

理由その1:文字を読みたくないから
理由その2:文字を書きたくないから

あぁ・・・そうかい。
早い話、平仮名を読むのも書くのも面倒なんでしょうね。

だから、極力読まなくてよくて、書く文字数が少ない問題から促してやらせています。
なんだかんだとワーク終了まで後4問となったのですが、残りの問題が、問題だ・・・まさに、読む&書くのオンパレード。

6月号が届くまでにやってくれるのだろうか。
やらない問題が溜まったら止めるということは常々言っているんですけどね。

6歳の男の子がチャレンジ1年生を止めたがらない理由

「こくごはやりたくない」という息子に対し、「やらなくていい、その代わりチャレンジを止める」と言った私。それは「イヤだ!」と言う息子。

チャレンジ1年生を止めさえすれば、やりたくない「こくご」をやらずに済むのに、どうして止めるのは嫌なのか?私が思うに、こんな理由なんじゃないかなと思います。

理由その1:算数はやりたいから
理由その2:赤ペンのポイントを貯めてプレゼントを貰いたいから

息子、ちょっと前まで「いくつ と いくつ」が苦手でした。
その後、何かが閃いたみたいで急に分かるようになったのです。

今となっては「いくつ と いくつ名人」と私に担ぎ上げられ、いい気になっております。だから、余計に算数が楽しくなったんだろうな。

なので、「いくつ と いくつ」の簡単な問題プリントをやらせて、ノリに乗っているところで「こくご」をシレッと出す戦法を繰り出したりもしています。

チャレンジを止めたくない!という気持ちから「こくご」を6月号が届くまでに終わらせてくれればいいな。
進研ゼミ小学講座の詳細はコチラ

新小学1年生(6歳)一人で公園遊びデビューを果たす前のページ

小学生になったので一人で自転車に乗る練習強化中次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    小学2年生にベン図(算数)が理解できるのか?

    小学2年生の息子、2学期から週1回個別指導塾に通っています。【関連…

  2. 勉強のコト

    勉強キライな小2が嫌がらずに取り組む塾教材

    小学2年生の息子は自主的に勉強に取り組むタイプではありません。さら…

  3. 国語のコト

    『くもんの小学ドリル1年生の文章の読解』は難しい!?

    小学1年生の息子は国語の読解力がないです。それが顕著にあらわれ…

  4. 勉強のコト

    小学3年生に向けて英語学習を考える

    4月から小学3年生になる息子。最近、ぼんやりながら「英語学習」につ…

  5. 勉強のコト

    【小2】『くもんのにがてたいじドリル』で最低限を抑えよう!作戦

    小学2年生の息子は、1学期の勉強がどうも定着していない模様。まあね…

  6. 勉強のコト

    新小学3年生の春休みの家庭学習ラインナップ

    4月から小学3年生になる息子。春休みの家庭学習は上の画僧のドリル等…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】毎日のお菓子代が高い!気が付くと結構な金額に
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生の子供の相手をするのが下手な父親
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    子供が公園でアリを踏み潰す遊びをしている時の親の対応
  4. 8,9歳(中学年)のコト

    【小3】一人で図書館に行って本を借りてきた話
  5. 勉強のコト

    【小2】問題の間違いを受け入れるようになってきた
PAGE TOP