勉強のコト

塾の作文で教育虐待を疑われる

        ※当ブログは広告を掲載しています


息子が通っている公立中高一貫校の受検塾では、国語の授業時に作文を書いています。

息子が持って帰ってきた国語の教材プリントを見るに、最初は30文字くらいから書く内容を決めて、それを50文字、80文字と増やしていき、最終的にはちょっとした長さの作文を書いていく、という仕様となっています。

毎回、下手ながらも頑張って書いている息子の作文を読むのが週1の楽しみだったけれど、先日、「ん!?」と思わざるを得ない内容の作文を書いてきたのです。

まず最初の文。
「ぼくは勉強ができないから、お母さんにおこられた」

次の文。
「ぼくは勉強ができないから、お母さんに2時間おこられた」

最終的な文。
「ぼくは勉強ができないから、お母さんに2時間おこられた。お父さんにもおこられてなぐられた」

私が覚えている内容をかなり凝縮したもので、実際の息子の文章はもうちょっとグチャグチャ書かれていたけれど、私が衝撃を受けた内容がこんな感じです。

以前、「この作文は塾の長文読解かなんかの内容なの?」と聞いたことがありました。
実際に息子が体験したことのような感じもするし、そうでないような感じもするし、なんとも曖昧な内容だったからです。

息子はその時に「うん」と言ったので、塾ではどういう長文読解をさせているんだろう??いくらなんでも、こんな教育虐待みたいな内容の長文読解をさせるわけないよね??と思い、「この作文読んでさ、先生なんか言ってた?」と息子に聞いてみました。

そしたらさ・・・「お父さんになぐられてるの?大丈夫?って言われた」だってさorz

おいおいおいおい・・・息子の作文で我が家が教育虐待疑われてるやんけ!!
私、息子が勉強できないからって2時間も怒らないわい。
その2時間ってゲームやyoutubeの時間だろがいっ!!

息子がちゃんと文章を読んでなくて適当に答えを書いたり、グチャグチャな文字で答えを書いたり、自分から「教えて」と言ってきたくせに説明し始めたらふざけられた時は、そりゃ怒るけどさ・・・頭が悪いことを怒ったところで良くならないのは分かってるから、そんなんで怒らないし。

夫なんか、息子の勉強にはノータッチだわよ。
(たまに教えても、間違いを教えるから何もさせていない)
そもそも、夫は息子を怒って殴ったことなんてないし、とんだとばっちり。

息子の作文で、あらぬ疑いをかけられた我が家でした。

小4反抗期VS更年期の入り口の母前のページ

不平不満が多く、友達が少ない小学4年生男子の日常次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 算数のコト

    リラックマの「たしざん・ひきざん」ドリルでやる気UPの小学1年生

    6歳(小1)の息子はリラックマが大好き。国語の授業で自分の宝物とし…

  2. 勉強のコト

    【口コミ】やらなきゃ損⁉全国統一オンライン講座は無料なのにスゴい

    先日、四谷大塚の全国統一オンライン講座に申し込みをしてみました。…

  3. 勉強のコト

    【小4】全国統一小学生テスト、驚愕の偏差値をたたき出す

    先日、全国統一小学生テストデビューをした息子。早速結果が返ってきま…

  4. 算数のコト

    「単位の換算」が苦手な小3に投入したアイテム

    牛乳1パック「1L=1000mL」。これが分かれば単位の換算なんて…

  5. 勉強のコト

    チャレンジ1年生はやっぱり凄い!6歳児が勉強のやる気を取り戻す

    チャレンジ1年生の教材が届きました。見た瞬間、息子は目を輝かせて「…

  6. 勉強のコト

    【小5】表やグラフの読み取りが苦手な子向けドリル

    小学5年生の息子は、資料の読み取りが苦手です。しかしながら、資料の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 小学1年生のコト

    力尽きて公園で昼寝をする小学1年生(6歳)
  2. 育児・教育本のコト

    『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』で新たな視点に気づく
  3. 小学1年生のコト

    本を読まずとも借りるのが好きな6歳(小学1年生)が選んだ本
  4. 勉強のコト

    【小3】GWは通常より勉強量を減らしてみた
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    本嫌いの小学2年生に『ねこねこ日本史』を与えた結果
PAGE TOP