小学1年生のコト

運動神経抜群!と言われた小学1年生の息子の新体力テストの結果が微妙な話

        ※当ブログは広告を掲載しています


息子の友達のママさん達は、息子のことを「運動神経抜群」と言ってくれています。

息子の何を見てそう言ってくれているのかというと、スイミングの進級速度とか、公園での息子の遊び方(サッカーや、ボール投げ、うんてい等)、補助輪なし自転車に乗れた年齢(4歳3か月)かと思います。

親の私からみると、いろいろな運動項目を平均以上にそつなくこなしているようには見えるけれど足は遅いし、運動神経がいいかと言われると・・・そうかな?と思うところはあります。

後、息子が通っているスポーツクラブで、息子よりも、もっともっと凄いお子達を目の当たりにしているからかもしれません。

だけど、勉強面よりも運動面の方が得意なのは確かです。

入学したての頃、学校で新体力テストが行われました。その結果が9月末に返ってきてまして、あまりにも「運動神経抜群」からはかけ離れていたので笑ってしまいました。

合計点の偏差値が、
全国平均⇒47.7
東京都平均⇒49.4
総合評価C

極めて普通・・・むしろちょっと微妙!?

足を引っ張った項目ワースト3はコレ。
ワースト1位「20mシャトルラン」
ワースト2位「立ち幅跳び」
ワースト3位「50m走」

逆にスコアが良かった項目ベスト3はコレ。
1位「上体起こし」
2位「握力」
3位「反復横とび」

意外な結果に終わったのは「ソフトボール投げ」。
息子は幼稚園の時も運動能力テストをやっていました。

項目は「20m走」「立ち幅跳び」「硬式テニスボール投げ」の3つ。
【関連記事】年長さんの運動能力調査結果

その時、「硬式テニスボール投げ」は17.5mで小学3年生並みの記録をたたき出したはずなのに・・・今回は8m・・・どういうこっちゃいな。

まぁ、グラフはきれいな円を描いているし、あとは少しずつ年齢と共に数値が上昇していけばいいかな、と。ただ、体力テストの項目と運動のできるできないはあまり関係ないような気がしないでもない。。。

ただ息子は私の予想通り、瞬発性はなさそうだなということは分かりました。2年生はどんな結果になるのか、比べてみるのが楽しみです。

小学1年生の長靴とレインコート事情前のページ

小1算数のレベルアップを図る!Z会グレードアップ問題集を投入次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 小学1年生のコト

    スマホゲームにハマる6歳児(新小1)

    息子は今、スマホゲームにハマっていますorz私も夫も、スマホゲ…

  2. 小学1年生のコト

    小学校のテストで100点取ったらご褒美制度はアリかナシか

    小学1年生の息子に、2学期からご褒美制度を導入しました。内容は…

  3. 小学2年生のコト

    【小2】寝転がってテレビを見ない子供

    テレビを見る時ってどうしていますか?我が家は私も夫も寝転がってテレ…

  4. 小学2年生のコト

    小学2年生の息子と喧嘩ばかりの1日

    はあぁ・・・今日も息子と喧嘩をしてしまった・・・私自身、イライラし…

  5. 小学2年生のコト

    テレビを見る時間を守れるようになった小学2年生

    小学2年生の息子はコロナ休校中、テレビ三昧でした。何時間もテレビを…

  6. 小学2年生のコト

    常に母親の愛を欲しがる小学1年生の男の子

    さてさて、新コロナ一斉休校が再び1か月延びましたが、正直なところ母親で…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/uduki02/kosokoto.com/public_html/wp-content/themes/mag_tcd036/widget/ad.php on line 46

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 色々なコト(雑記)

    コロナ禍+気温37度=1日中テレビ三昧
  2. 小学2年生のコト

    新小3(8歳)男子のお気に入りのマンガ本
  3. 勉強のコト

    小学1年生の夏休みの宿題と勉強計画
  4. 小学1年生のコト

    小学1年生(7歳)公園遊びが嫌いなお年頃?
  5. 習い事のコト

    『習い事狂騒曲』を読んで小学1年生の習い事について考える
PAGE TOP