勉強のコト

コロナ休校延長につき、スマイルゼミに入会してみました



ついこの間、「生活習慣の乱れ、学習遅延、繁華街等での徘徊、児童の居場所確保、などの新たな問題が生じたため、学校を再開します」というメールが届いたと思いきや、GWまで休校延長メールが届きました。
※4月に1回だけ登校して教科書や宿題をもらうらしい

なんか、学校側もお上に振り回されているんだな、と思うと同情しかありませんが、誰も予想できない事態だからしょうがないよね・・・しょうがないけどさ、まだまだ息子とのベッタリ生活が続くのかと思うとグッタリしてしまいます。

分かってる、命より大切なものはないのは分かってる。
でもほぼワンオペ育児で束縛息子との生活は苦しい。今日なんて、たった15分の朝ドラの録画さえ邪魔されて、あまりにも悲しくて泣いてしまいました。

こんなにも息子の相手をしてあげているのに(対休校前の私比)、まだ足りないのか?たった15分の娯楽すらも許されないのか?と。これが後、最低でも1か月続くのか・・・場合によってはもっとなのか・・・シンドイ・・・

そんな束縛息子、急にチャレンジスタートナビのゲームにハマりました。
これをやっている時くらい1人でやってくれると思うでしょ!?違うんですわ。「おかーさんもコレやってみて!」「やるから見てて!」と絶対に私を巻き込みますからね。

息子に「GWまで学校休みだってー」と伝えたら、「えーっ、学校行きたい!2年生の算数の勉強したい!」なんて言うんですよ。そこで「2年生の算数だったらコレがあるから出来るよ」と見せたらダンマリしてて笑えました。

結構前から用意していたものです。

でも、息子はこういうものを自分で取り組むことができるタイプではない。けれど、学校がいつ再開するかも分からない。ということで、とうとうスマイルゼミに入会してみました。
スマイルゼミ公式サイトはコチラ

タブレット学習については超後ろ向きだったんですよ。
「勉強しない子の最終手段」くらいに思っていたんですけど、ソレ、まさに我が子だわ・・・ということで、お試し期間もあるし、1回やってみようではないか!とポチッてしまいました。

息子も「やる!」と、今のところやる気はあるようですが、お試し期間中に飽きたら返却すればいいだけだし、どうせだったらサッサと飽きてくれた方がいいかな、とすら思います。

続けられるようだったら、もちろん継続で・・・ただ、学校が再開したら、やってくれるのか?そこは疑問ですが、スマイルゼミに夢中になってくれて勉強習慣が身についてくれれば万々歳かな。

また届いたら使用感などレビューできたらいいなと思います。



ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 算数のコト

    宮本式『賢くなるパズル』にハマった6歳児(小学1年生)

    息子が幼稚園年中さんだった2018年1月頃、宮本式『賢くなるパズル(入…

  2. 算数のコト

    【小学1年生】計算カードの宿題で親がやること、思うこと

    息子の学校では今週から「計算カード」の宿題が出ています。「繰り…

  3. 算数のコト

    小1算数のレベルアップを図る!Z会グレードアップ問題集を投入

    色々な学習系blogを読んだ結果、結局のところ学力向上の為に利用する問…

  4. 算数のコト

    小学校のさくらんぼ計算の方法が雑で困る話

    小学1年生の息子の小学校では、気が付けば繰り上がりのある足し算が始まっ…

  5. 算数のコト

    【小1】文章を読む時に背景が思い浮かばない

    小学1年生の息子は国語がやや苦手です。息子なりに少しずつ成長は…

  6. 国語のコト

    小学1年生の漢字練習にDSの漢字検定ソフトは使えるか

    1か月ほど前、タブレット学習に興味を持ちました。1番の目的…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    【小学1年生】クラスで誰が頭が良いのか分かるらしい
  2. 育児用品のコト

    【口コミ】遂に『GPS BoT』購入!子供への持たせ方を考える
  3. 算数のコト

    【小1】繰り下がりのあるさくらんぼ計算への順応性が高い
  4. 国語のコト

    小学1年生で習う「漢字の成り立ち」を刷り込む大作戦
  5. 勉強のコト

    小学校低学年向けの電子辞書の購入を考える
PAGE TOP