理科のコト

【小3】理科と社会はテスト勉強が必要かも

        ※当ブログは広告を掲載しています


小学3年生になると、算数と国語以外に、理科と社会が入ってきます。
だけど、この2つの科目は授業数も算国に比べて少ないし、存在感が薄い。

だからと言って、家で何もしないと非常にマズい気がします。
息子には、たまに理社のドリルをやらせていました。

だけど、ドリルも内容が結構難しいです。
特に知識を吸収するのが苦手な息子には難しい。

理科は実験や観察を通じてある程度の暗記が必要。
例えば、昆虫は「頭・むね・はら」と別れていて、むねから足が6本生えている、とか。
授業で、朝顔を育てたり、ヤゴをとったり、鏡を反射させたり、虫眼鏡で紙を焦がしたり、と色々な実験をしているにも関わらず、あまり記憶に残らないのねぇ・・・

小3社会は理科に比べたら暗記は必要なく、一般常識で答えられるものが多い。
けど、文章が長いから何を聞かれているのか分からない。
表や地図を見れば答えが書かれているものの、その読み取りができない。

ってな感じで、ドリルをやらせるのも一苦労なので、メチャクチャ簡単そうなのをチョロッとやらせていました。

が、カラーテストが返却され、そこには見るも無残な点数ばかり。
社会はテスト自体が非常に少ないので何とも言えませんが、平均点は75点くらい。

問題は理科。
テストの枚数は結構あります。
算数に匹敵するくらいあります。
なんなら国語よりも多いかもしれない。

そこで衝撃の・・・0点orz
太陽とかげの問題(裏の応用問題)がダメダメでした。
これ、似たようなドリルを家でもやらせたけど、全く理解できていなかったんだよなぁ。

たまに100点とるときもあるけれど、カラーテスト表の平均点は70点くらいです。
50点満点の裏の方は0点もあれど、50点をとることが多いかな。

この結果を見て思いました。
理科は特にカラーテスト勉強が必要だな、と。

ということで、3年生用の2種類のドリルを使って、理社の問題を解かせています。
どちらも教科書準拠だったり、見た感じ分かりやすい基本的な問題が掲載されているドリルをチョイスしているけど、よくよく問題を見ると息子には結構難しいので、単元ごとにより簡単な問題を出題しているドリルを選んでやっています。

あー・・・覚える勉強が苦手&何回やらせても覚えない息子。
4年生になったらどうなるんだろうorz
これらの3年生の理社の問題がスラスラ解けるようになるのはいつになることやら。

でもさ、理科の暗記っていったって、基本的なことを押さえておけば聞かれ方が変わっても簡単に答えられると思うんだけどな。
例えば音の単元なんかは「音が大きい⇒震えが大きい」「音が小さい⇒震えが小さい」「音がでていない⇒ふるえていない」ってことだけ覚えておけばいいだけなのに、どうしてそれが分からないのかが分からない。

早く脳みそを使って欲しいものです。
あ、この間たんこぶ作って学校から帰ってきました。
また脳細胞が破壊されたなorz

頭の良い子に育てるためには親からの問いかけが必要前のページ

【小3】字が汚いから運筆の練習を始める次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 国語のコト

    文字を読むのが嫌いな小学1年生、音読の宿題を嫌がる

    「分からないから、勉強をしたくないの!!」と言い放った小学1年生・…

  2. 国語のコト

    【小3】漢字の書き順クイズで思い通りにいかず

    子供に勉強をさせるには、勉強に対して「ワクワク」させる必要があるそうで…

  3. 勉強のコト

    勉強キライな小学2年生、スマイルゼミを始めてみました

    この4月から小学2年生に進級した息子。新コロナ一斉休校延長に伴い、…

  4. 国語のコト

    『ブンブンどりむ』秋の2か月トライアルセットが届いた!

    『ブンブンどりむ』秋の2か月トライアルセットに申し込んでみました。…

  5. 勉強のコト

    勉強習慣は低学年のうちに身に着けておくべきは本当かも

    小学2年生の息子は、勉強があまり好きではない。だけど、ここ最近はや…

  6. スマイルゼミのコト

    【小2】スマイルゼミ受講開始から2か月「飽き期」到来!?

    もうすぐ5月も終わり。4月から始めたスマイルゼミは受講後丸2か月が…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 小学3年生のコト

    【小3】無駄遣い大魔王の息子が貯金に励む理由
  2. 小学1年生のコト

    小1男子のいる家は扇風機よりサーキュレーターの方が良いかも!?
  3. 小学1年生のコト

    6歳(小1)能登島ガラス工房で吹きガラス体験をする
  4. 小学2年生のコト

    小学2年生の男の子の遊び相手は父親にお任せ
  5. 勉強のコト

    【小3】学力に見合った塾への転塾でラクになった話
PAGE TOP