色々なコト(雑記)

年賀状に子供の写真を使うのはいつまでにするか…

当ブログはプロモーションを含みます

2022年の年賀状を注文しました。
今年もコチラのサイトでサクッと作成。
【PR】年賀家族

今年はいつも以上に早く作成完了。
というのも、2022年の年賀状は写真を使うのをやめたのです。

子供が生まれて以来、写真つきの年賀状を作っていたんですけどね。
息子の生まれが11月だから、さすがに0歳の時は息子のみの写真で年賀状を作ったけれど(出産しました報告かねて)、1歳からは家族写真を年賀状に使っていました。

家族写真なら、子供のみの写真よりも万人受けしやすいかなと思って。
息子に興味がない層でも、私や夫が写っていれば、それぞれの知り合いに対して近況報告にもなるし。

ただ・・・今年は写真が全くない。
どこにも行っていないから年賀状に使える写真がない。
ということで、イラストのみの年賀状にしました。

来年は10歳記念で写真をスタジオで撮る予定だから、また2023年は家族写真の年賀状を作るとは思うけれども。
しかし、これを機にもうイラストの年賀状でもいいかなぁ、と思ったり。

子供の写真を年賀状に使うのって子供が何歳までだろう。
まぁ、子供本人が嫌がったらそこで終了だけど。

ちなみに私の友達は、子供が中学生でも子供のみの年賀状をくれます。
下の子が未就学児だからというのもあるけれど、さすがに中学生になると本人が嫌がるんじゃないか?と思い、聞いたことがあるんですけどね。

「別に嫌がらないよ。今も下の子と年賀状の写真を近所に撮りに行ってる!」
と言っていました。

ほほぅ、中学生になっても嫌がらない子もいるんだね。
夫の友達も、中高生でも子供のみの写真の年賀状をくれます。
年齢・性別というよりも、本人の性格なんでしょうね。

息子は何歳まで許可してくれるかな。
ちょっと検索してみたところ、小学校卒業までは子供の写真を使った年賀状を作りたい!と思っている方が多いようです。

つか、もうこのネットが発達した現代において、面倒だしお金もかかるし年賀状自体もういらないんじゃないか?と思わなくもないけれど、無くなったらそれもそれで寂しくもあり。

さて、小学3年生の息子は何年生になったら友達と年賀状交換をするのだろうか?
私の時は小3なんて、もう年賀状の交換をしていたけど、今は連絡網がないから友達の住所も分からないし、住所を聞いてスラスラ答えられる子は殆どいないと思われます。

こうやってドンドンと年賀状文化も廃れていくのかな。

小3のクリスマスプレゼントはスイッチのソフト前のページ

小学3年生男子がパーマをかけたようなウェーブヘアになった理由次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 色々なコト(雑記)

    2021年あけました

    あけましておめでとうございます今年もよろしくお願いいたします…

  2. 色々なコト(雑記)

    仲里依紗のyoutubeが面白い!!

    昨日?一昨日?くらいからハマっているyoutubeがこれ。『仲里依…

  3. 色々なコト(雑記)

    小学3年生になってバドミントンがまともに出来るようになってきたと思ったら…

    ここ最近、気温が低いときもあり、以前よりも公園遊びがしやすくなりました…

  4. 色々なコト(雑記)

    子供が悪いのは親のせい、という風潮止めてほしい

    子供が何かしでかすと「親は何をやっているんだ」みたいなコトってあります…

  5. 色々なコト(雑記)

    【小3】好奇心がない子供ほど母親の影響を多大に受ける

    母の興味は息子の興味小学3年生の息子は、残念ながら好奇心が旺盛とは…

  6. 色々なコト(雑記)

    スイミングは理解力が高い方が上達が早いは本当だと思う

    地獄のGW10連休の2日目は、夕方から家族で市民プールへ!私は…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 小学2年生のコト

    【小2】男の子は席が近い子と仲良くなるのは本当らしい
  2. 国語のコト

    本を読まない小学2年生に国語の文章読解ドリルを選ぶのは難しい
  3. 国語のコト

    最初が肝心!?『なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳』でジックリひらがなを…
  4. 勉強のコト

    勉強習慣は低学年のうちに身に着けておくべきは本当かも
  5. 小学1年生のコト

    灼熱の運動会から無事帰還した小学1年生
PAGE TOP