6,7歳(低学年)のコト

【小2】休校中のテレビ、スマホ、タブレット三昧の結果の視力検査



小学2年生の息子、現在定期的に視力検査をしています。
キッカケは1年生の時に学校で行われた集団検診です。

右目が1.0以下ということで引っかかったわけですが、その後、眼科に行ったら両目ともに1.0以上あったんですけど、仮性近視と診断されて点眼をしていました。

といっても、この点眼が結構痛くて(私も点眼してみた)息子も嫌がるし、視力もキープしていたから、点眼したりしなかったり、定期健診に行ったり行かなかったりで約1年過ごしてきました。

そこでコロナ休校ですわ。
この3か月、圧倒的にテレビ、スマホ、タブレット等を見る機会が増えました。

5月は特に私も気力がなくなり、1日中何かしらの媒体に触れていた気がします。ちなみにスマホは私がやっているドラクエウォークで、タブレットはスマイルゼミです。

もうすぐ学校も再開するということで、久しぶりに眼科に行ってみたところ・・・閉院・・・おじいちゃん先生だったし、その予兆もあり、息子さんが新しく開院した眼科も紹介してもらっていたので、新しい眼科に行くことに。

さて、3カ月間、目を酷使していた息子の視力検査の結果は・・・

両目1.5!!

仮性近視の進行を防ぐ点眼も止めてみることに決定!
まぁ、もともとあまり点眼していなかったのに1.5ということは、ほぼほぼ卒業ということでいいような気もします。

一応、また1か月後に視力検査へ。
次回は私も見てもらうつもりです。

この3か月でスッカリ無気力になった私は、もはやスマホしか触る気力がなく、かなり目がショボショボしているので。半年くらい前に息子のついでに私も目を見てもらったことがあるんですけど、「老眼」と言われちゃったんですよね・・・老眼以外は特になにもなかったので、良いのか悪いのか分かりませんが・・・

夫が言うには「明るい部屋で見ていれば大丈夫らしいよ」とのこと。
我が家のテレビも、私のスマホも、スマイルゼミのタブレットも、ブルーライトカットの保護シートをつけているので、それも一役買ってくれているのかもしれませんね。

自分が中学生の頃からメガネ生活で、結構不便な思いをしてきたから、息子には1年でも長く裸眼を保ってほしい・・・歯科検診とともに眼科検診も継続していけたらいいな、と思います。



【小2】スマイルゼミ受講開始から2か月「飽き期」到来!?前のページ

【小2】休校中の小学校からの課題、放棄しちゃダメ!?次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    【小学1年生】計算ピラミッドにハマる

    小学校の算数の授業で『計算ピラミッド』というものをしたようです。『…

  2. 6,7歳(低学年)のコト

    手洗い嫌いな小学1年生が『泡スタンプハンドソープ』にドハマリ

    CMを見て小学1年生の息子が欲しがってたビオレuの『泡スタンプハンドソ…

  3. 6,7歳(低学年)のコト

    子供(小1男の子)に毎日怒ってばかり…理由を客観的に整理してみる

    気が付けば、毎日毎日息子に怒っています。そこから喧嘩に発展し、息子…

  4. 6,7歳(低学年)のコト

    男の子はその気がなくても壁に穴を開ける

    男の子は思春期になると壁に穴を開けるらしい。そんな噂は聞いていまし…

  5. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生男の子の「イヤ!」「ダメ!」にウンザリな日々

    殆どの受け答えに「イヤ!」「ダメ!」と言う息子の対応にウンザリしてきま…

  6. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生の男の子が選んだ「宝物」

    気が付けば7月に突入し、2019年も残り半分となりました。息子…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 学用品のコト

    新1年生の箱型筆箱はチャレンジの友達紹介プレゼントに決定!
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    母VS小2息子、取っ組み合いの喧嘩勃発
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生(6歳)の男の子が突然読書に目覚めた理由
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    小学2年生の個人面談、1番の問題は学習面
  5. 育児・教育本のコト

    『国語が得意科目になる「印つけ」読解法』を読んで
PAGE TOP