小学3年生のコト

小学生の子供とマイクラをやるとケンカになる話

当ブログはプロモーションを含みます

今日は冬休み最後の平日でした。

ということで、歯医者に行ったり、雪だるまを作ったり雪合戦をして遊んだり、息子の美容室に行ったり、カラオケに行ったり、と色々と充実した日だったのですが・・・夕食後に一緒にマイクラをしていてイライラ。

お正月あたりから、小学3年生の息子と一緒にマイクラをするようになりました。
息子のサバイバルモードに遊びに行く感じで、最初はまぁまぁ楽しかったんですよ。

ささやかながら自分の拠点を作ったり、ブランチマイニングをして採掘をしたり、畑を作ったり、牧場を作ったり・・・今日は何をしようかな♪って。

そのささやかな楽しみを息子が邪魔してくるから腹が立つ。
この間まで、息子は「経験値トラップ」というのを作るのに夢中だったから平和だったけど、あらかた作り終わってヒマになったのか、ゲーム内でも私にちょっかいを出してくるんですよ。

釣り竿で私(のキャラ)に糸を引っ掛けて追い回したり、人の家に入ってきてチェストを開けたりベッドを取っていったり、挙句には「食料ちょーだい」だの「アレちょーだい」などタカリ行為もしてくるし、一緒に洞窟探検するのに松明や食料を持ってこないし・・・あー。うざい。

私は自分の力で頑張っているのに横取りすんなよ!!
現実世界だけじゃなく、ゲームの世界でもうざいんだよ!!

と、もはや楽しくゲームができません。
普通に各々楽しんで、たまに一緒に探検に行けばいいじゃん、って感じ。

自分の作った装置に「来て」ってうるさいし。
いや、キャラがいかなくても現実の私がキミの画面を見てるからいいだろ・・・

ブランチマイニングでもして素材を自分で集めればいいのに、そういう作業はやらずに人にタカってくるから本当にイヤ!!

まぁ、学校や習い事が始まれば2人でゲームをやる暇もないから、このままフェイドアウトになっていくとは思うけど、ウザい子はどういう形態でもウザい・・・

これ、大人の私が一緒にやっていてもイライラするんだから、もし友達とやったら即ケンカとかするんだろうな。

【小3】年末年始はスイッチ三昧前のページ

【小3】理科の勉強ドリルは『教科書ワーク』に辿り着く次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 小学3年生のコト

    【小3】夏休みの宿題「読書感想文」と「自由研究」という試練

    小学3年生の息子の、夏休みの宿題が憂鬱です。2年生の時はコロナ休校…

  2. 8,9歳(中学年)のコト

    【夏休み】小学4年生男子、お裁縫でキーホルダーを作る

    小学4年生の息子、毎日暇を持て余しております。特に8月前半は、塾の…

  3. 8,9歳(中学年)のコト

    小学4年生から虫歯になりやすい理由

    以前、何かのネット記事で『小学4年生頃から虫歯が増える』と読んだことが…

  4. 小学3年生のコト

    【小3】スマホの待ち受け画面は子供(自分)の写真にしてもらいたいタイプ

    私、結構前からスマホの待ち受け画面に息子の写真を使うのはやめました。…

  5. 小学3年生のコト

    【小3】字が汚い息子が改心してキレイな字を書いた日の話

    小学3年生の息子が特に嫌いなコトは、勉強の見直しをするコトと、字を書く…

  6. 小学3年生のコト

    小学生は何年生から友達と電話番号交換をするのか?

    小学3年生の息子を持つ母である私は、息子の放課後遊びを激しく推奨してい…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/uduki02/kosokoto.com/public_html/wp-content/themes/mag_tcd036/widget/ad.php on line 46

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 小学1年生のコト

    小学校のイベントが凄い!無料の科学実験教室で「飛ぶ」を学ぶ
  2. 色々なコト(雑記)

    育児書は図書館で借りないと読破できない
  3. 小学4年生のコト

    【小4】図鑑で読書感想文を書く
  4. 育児・教育本のコト

    【小3】お小遣いを通してお金を学ぶキッカケになる本
  5. 算数のコト

    【小3】つまずいたかけ算のひっ算をマスターした方法
PAGE TOP