6,7歳(低学年)のコト

【小1】やるべきことをホワイトボードで視覚化して習慣付け大作戦



息子と私の宿題バトル。

段々と息子が「宿題」に慣れてきて、「やらねばならぬ事である」と諦めてきたのか、
宿題だけ
は何やかんや言いつつも素直に取り組み始めてきました。

宿題をスムーズにしてもらうべくお膳立てをする

その日の宿題は、毎週配られる時間割プリントに記載されています。

なので、それを見れば息子でも今日やるべきことは分かるはずですが、それを見て自ら宿題をするわけがない。多分、今後も期待はできないでしょう・・・

ということで、少しでも宿題を始めるストレスを軽減すべき、その日にやるべき宿題を机の上に広げておくことにしました。

音読は読むページを開いておき、計算ドリルは該当ページを開いておく。計算カードや、ひらがなプリントも机に置いて、エンピツも用意して、「さぁ、いつでもはじめていいですよ♪」状態にしておきます。

ランドセルから教材を出す手間、ページを開く手間、エンピツを取り出す手間、全部取っ払うことで、宿題に対するハードルを下げています。

最近は、遊ぶのを少し我慢して放課後子ども教室で「ひらがなプリント」を終わらせてくる時もあるので、そういう時は思いっきり褒めて褒めて褒めちぎっているのですが、実際、息子が1番嫌がる宿題が「ひらがなプリント」なので、これを学校で終わらせてくれると物凄く助かります。

やるべき事を視覚化して自ら取り組む習慣化を図る

試しに土曜日にやるべき事(やってほしいこと)を書いてみました。

宿題も、ただ机に並べているものに取り組むよりも、何があるか見て把握できた方がいいかな、と思ってホワイトボードで「To Do リスト」にしてみました。

で、磁石を使って、消化タスクと未消化タスクが一目瞭然になるようにしてみたのですが・・・

結果、惨敗。

ハッキリ申しまして、「To Do リスト」を用意すれば出来る子は、こんなのがなくても取り組めるんですよ。そういうお子が、更に高みにのぼる(例えば自主的にやってもらう)為のツールなんだと分かりました。

このホワイトボードを見た息子。

やりたくない、「チャレンジ」と「がっこうのじゅんび」を自ら消してバツ印をつけておりました。「けいさんカード」はやる気があるのか、自ら式を書いておりました。

相変わらず、こちらの意図を無にする行為はお得意のようです。

とりあえずホワイトボードの習慣化を図る

ただ、今日は私が書いたリストをすべて消して、自分で書きなおしていたのです!そのラインナップはコチラ。
「べんきょう(宿題のこと)」「けいさんどりる(宿題のこと)」「むずかしいべんきょう(自主学習のこと)」「かばんのじゅんび(学校の準備のこと)」。

随分と意識高い系のラインナップなのですが、「むずかしいべんきょう」で眠くなってご機嫌斜めになり、「かばんのじゅんび」はやらずに寝てしまいましたがね・・・

ちなみに「むずかしいべんきょう」で取り組んだのはコレ。

後1ページで終わりってところで力尽きた。

試しに夫に答え合わせをしてもらってマルつけしてもらったのですが、間違えているのにマルをつけてるし・・・やっぱり夫に息子の勉強を見てもらうのは極力やめてもらおう、と思わされる出来事でした。

ただ、「宮本式パズル」は正解を出すのが目的ではなくて、間違えていても「考えること」を重視しているため、そういう意味ではマルでもいいんだけどさ。

私が考え方をアドバイスしようとしたら、眠気のせいで聞く耳持たなかったので強制終了しました。そのまま机に突っ伏して寝ちゃったので、「To Do リスト」は未消化の項目を残して終了。

まぁ、少しずつホワイトボードで視覚化&行動の習慣付けを身に着けてもらえたら万々歳ってことで。ただ、100均のホワイトボードは小さすぎるのがネックだな。

大きいホワイトボードがあるといいかも・・・
楽天でホワイトボードをチェック!



ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    小学2年生男子に腕時計を買ってみた

    現在、楽天でお買い物マラソン開催中!ということで、買ってみました。…

  2. 6,7歳(低学年)のコト

    小2男子、席替えで女子に囲まれて困惑する

    先日、小学2年生の息子のクラスで席替えがありました。今までの席…

  3. 6,7歳(低学年)のコト

    スマホゲームにハマりそうな小学1年生

    9月中旬、ドラゴンクエストウォークを始めた私。息子に気づかれな…

  4. 6,7歳(低学年)のコト

    【小学2年生】宿題をやらない子の導き方が分からない

    小学1年生の頃は、音読の宿題も、プリント・ドリル系の宿題も、イヤイヤな…

  5. 6,7歳(低学年)のコト

    出来ないコトを母親のせいにする小学1年生

    6歳8か月の息子の最近の口癖がコレ。「全部お母さんのせい!!」…

  6. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生の家庭学習は子供の勉強レベルに合わせるのが重要

    すったもんだの末、小学1年生の息子は少しずつ家庭学習の習慣が身について…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生の子供の相手をするのが下手な父親
  2. 育児・教育本のコト

    『小学生のうちに身につけたい!「勉強」のキホン』を読んでみた
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    悪知恵だけはよく働く小学2年生
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    逆立ち(三点倒立)が大好きな小学1年生
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    小2男子が学校の図書室で借りた本を褒められた話
PAGE TOP