6,7歳(低学年)のコト

6歳(小1)能登島ガラス工房で吹きガラス体験をする

金沢旅行2時間日目、『のとじま水族館』からほど近いところにある『能登島ガラス工房』へ立ち寄ってみました。


ガラス工房を見学していたら、「20分後なら空きがあるので吹きガラス体験ができますよ」と店員さんに誘われ、「やりたい!」と息子が言ったので、やってみることに。

6歳(小1)、吹きガラス体験をすることになりました。
果たして出来るのか!?

まずは、体験の為のお仕度です。
エプロン、アームカバー、手袋を装着して完全防備!

「プーッ!!」

早速、ガラスを吹きます。
意外と簡単に膨らむのか、すぐに口元からはずされていました。

職人さんの言うことを聞いて、真剣な息子。
濡れた雑巾をもって、ガラスの形を整えていきます。

濡らした板を持って、平な感じにしていき・・・

ペンチみたいなものを持って、コップを作っていきます。

そう、吹きガラス体験でコップを作りました。
8種類くらいの形や色から自分の好きなモノを選びます。

形は私が選びました。
洗いやすさ重視で。

色は息子が自分の好きな紫をチョイス。
もっと明るい色やミックスな色もあって、私はそっち好みだったんですけどね・・・

3回くらい吹いて、3回くらい雑巾で形を整え、何回かコップの空洞を作り、無事に息子オリジナルのコップが完成!ということで記念撮影。

職人さんが補佐してくれたおかげで・・・というか、職人さんの補佐をしていた息子とでもいいましょうか、とにもかくにも、小学1年生でも吹きガラスでコップを作ることができちゃいました。

後日、郵送で送ってくれます。
※送料別途

で、届いたコップがコチラ。
体験をした日から5日程で届きました(能登⇒東京)。

よく見ると、泡が入っているんですけど、この泡も「入れる」「入れない」を選ぶことができて、息子は「入れる」を選びました。この泡、息子にはヒットなようで、「ここに泡があるよー!」と嬉しそうに見つめていました。

紫だから分かりにくいけれど、柄が結構可愛い。

早速、麦茶を入れて飲んだ息子。
いつもの麦茶と比べて美味しいようです。

耐熱ガラスではないので、食洗器ではなく手洗いをしていますが、この大きさでこの飲み口の大きさだと、洗いやすくて我ながらナイスチョイスだったな、と。

息子も真剣に、楽しそうに体験していて良かったです。

【子連れ金沢旅行記】憧れの加賀屋にお泊り&和倉温泉朝スイーツ前のページ

千里浜なぎさドライブウェイで波打ち際遊び次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    コロナウイルス騒動で小学校が休校!?習い事は自主休会しました

    ネットニュースに出ていましたね(私は友達から聞いて知った)。全国の…

  2. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】字が汚いことを指摘し続けた結果、子供は褒めないとダメと学ぶ

    小学2年生の息子は字が汚い。数字も平仮名も漢字も汚い。息子…

  3. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】毎日のお菓子代が高い!気が付くと結構な金額に

    小学2年生の息子は、夕食前と夕食後にお菓子を食べます。夕食前にはあ…

  4. 6,7歳(低学年)のコト

    フォトスタジオで卒園と入学の記念撮影に行ってきた話

    幼稚園卒園&小学校入学記念に、久々にフォトスタジオで撮影をしてきました…

  5. 6,7歳(低学年)のコト

    男の子はその気がなくても壁に穴を開ける

    男の子は思春期になると壁に穴を開けるらしい。そんな噂は聞いていまし…

  6. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】コロナ休校中の分散登校日の出来事

    先日、分散登校がありました。たったの1時間程度で帰ってきました…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 色々なコト(雑記)

    親知らず抜歯のセカンドオピニオンに行って良かった話
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    元旦早々テレビ三昧の小学1年生
  3. 勉強のコト

    【小2】問題の間違いを受け入れるようになってきた
  4. 色々なコト(雑記)

    新コロナ休校延長を見越して自宅のWi-Fi環境を整備
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】すぐに「先生に言うよ」という友達を嫌がる
PAGE TOP