勉強のコト

【小2】先取り学習はしようと思ってできるものではない



子供の頭の良し悪しは、小学校低学年で分かるものですね・・・
小学2年生にもなると決定的にわかります。

小学2年生の我が息子は、かなりの努力をしないと並みの学力をキープできないタイプのように思われます。特に漢字などの覚える系に関してはてんでダメ。
※覚えようという気がないらしい

未就学児だった頃は、まだ夢を見ることが出来ました。
ちょっと賢そうな発言をしただけで「我が子天才!」と思ったものです。
ちょっと机に向かう姿が見られただけで「勉強好きなのね!」と思ったものです。

小学生になって現実が見えてきました。
「うちの子、相当努力しないとヤバいかも・・・」

前はさ、漢字や計算くらいは先取りしたいな!
でも先取り学習の弊害もあるっていうしどうしよう!
なんて思っていたけどね・・・

そもそも先取り学習なんてできやしない!
該当学年の漢字を覚えるのも満足にできない!
勉強を教えようものならふざける!

つまり、先取り学習ができる子はそれだけで従順もしくは優秀なんだと思います。
先取り学習をしようがしまいが学校の授業を聞く子は聞く、聞かない子は聞かないわけで。我が息子なんて授業中にボーッとしていることがある、と担任の先生に指摘されましたからねorz

先取り学習の弊害・・・私が思うに「時間の浪費」なんじゃないかな?と考えます。
やったことが身についていれば全く「時間の浪費」ではないけれど、やったのにやったことをキレイサッパリ忘れちゃうんだったら、やった分だけ「時間の浪費」なのかな、と。

我が子の場合、該当学年の学習についても何回やっても記憶に残らないから、たまに「これって勉強させても無駄なんじゃないかな」という気分になるんです。これが学年の先取り勉強ならやめてもいいけれど、さすがに該当学年の場合はある程度やらせなければマズいわけで。

こんな感じなので息子に対して先取り学習はできません。
あーあ・・・もう少し勉強を教えただけ身につけることができる子だったら楽しかっただろうな。

とりあえず、ふざけるのをやめてほしい。。。



【小2】勉強をさせるための「ご褒美作戦」はお金よりもアレがいい前のページ

【小2】毎日の勉強習慣は大事だと改めて思った話次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 国語のコト

    小学1年生(6歳)の国語の読解力は抽象的なものが理解できるかがカギかもしれない

    小学1年生の時の息子の国語の読解力は壊滅的でした。このまま…

  2. 国語のコト

    本を読まない子供におすすめの小1漢字ドリル

    小学2年生の息子は、本を殆ど読みません。いや、本なんておこがましい…

  3. 算数のコト

    【小2】新コロナ休校で小学1年生の引き算ができなくなる

    4月から小学2年生になった息子・・・ではあるものの、新コロナ休校により…

  4. 勉強のコト

    【小2】問題の間違いを受け入れるようになってきた

    息子は解いた問題にバツをされるのが嫌いでした。小学1年生の時は…

  5. 勉強のコト

    勉強が定着せず、実生活と連動できない小学1年生

    息子はなかなか勉強が定着しません。できた!と思ったら、数日後に…

  6. 社会のコト

    歴史に興味を持った6歳(小1)が欲しがった歴史本

    6歳(小1)息子が急に歴史に興味を持ち始めたようで『日本史探偵コナン5…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生(6歳)視力検査に引っかかる
  2. 勉強のコト

    小学2年生、ドリルの自己採点に目覚める!?
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    小2男子、席替えで女子に囲まれて困惑する
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    スキャバト男子はお喋りが好きらしい
  5. 育児・教育本のコト

    『「学力」の経済学』を読んで客観的で効率的な教育をしよう
PAGE TOP