小学1年生のコト

【子連れ金沢旅行記】和倉昭和博物館とおもちゃ館で昔を学ぶ

        ※当ブログは広告を掲載しています


当記事が『看護のお仕事』様の「ノスタルジーに浸りたいナースにお届け♪レトロなスポット&グッズまとめ」で紹介されましいた!

**********

金沢旅行1日目は『和倉昭和博物館とおもちゃ館』へ行きました。

和倉温泉行きの特急サンダーバードが大雨の影響で2時間遅れとなったため到着時間が16時頃。

このまま直接、旅館に行こうとレンタカーを走らせていた時に、『和倉昭和博物館とおもちゃ館』の看板を見かけて、近いから行ってみよう!という軽いノリで行ってみたのですが、思いのほか良かった!

悪天候&閉館まで1時間切っているという時間帯だった為か観光客は殆どおらず、物凄く優雅に見学することができました。

昭和な家電製品。
朝ドラに出てきそうな家電たち。

見ているだけだとレトロで可愛い。
息子は物珍しい顔をしてみていました。

1番食いついたのがコレ。

ダイヤル電話。
最近は全くみなくなったダイヤル電話、息子はどうやってこれで電話をかけるのか想像も出来なかったようだったので、実際にグルグル回して見せたら面白がってグールグル。

昔のランドセルも展示されていて、その大きさが今のランドセルよりも一回り以上小さくてコンパクト!こんなんで入るの?と思ったら、教科書もコンパクト!

いや、昔のがコンパクトというよりも、今の時代の教科書が大きいとも言う。

教科書も中身を見ることができたんですけど、文字数少なっ!
たまたま見た教科書、見たページがそうなだけかもしれませんが。

昭和のオモチャや雑誌、ポスターも沢山あって、モノによっては「懐かしいー!」ですわ。私が小さかった頃の時代が展示される時代になってしまったんだな・・・としみじみ。

昔のマンガ雑誌も置いてあり、中をみたら『タッチ』でした。タッチは大好きなマンガ&アニメで、セリフを覚えてしまう程に読んだり見たりしていたものです(私が小学生・中学生くらいの頃、毎年夏の甲子園時期は必ずタッチのテレビアニメが再放送されていた)。

うむ・・・感慨深い。

息子は今、放課後子ども教室で「けん玉」ブームなこともあり、おみやげコーナーでけん玉を見つけて買わされましたorz
旅館について、仲居さんにけん玉を披露して「すごいねー」と褒めてもらってご満悦。

昔の暮らしを子供に教えるのに最適な場所だし、大人も楽しめる、なかなか素敵な観光スポットでした。まぁ、息子の頭の中は「けん玉」一色でしたけどね・・・

6歳(小1)と子連れ金沢旅行、2泊3日のスケジュール前のページ

【子連れ金沢旅行記】のとじま水族館はこじんまりしていて見やすい次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 小学2年生のコト

    【小2】Eテレの『びじゅチューン!』で楽しくアートに触れる

    Eテレの『びじゅチューン!』という番組をご存じでしょうか。これ、5…

  2. 6,7歳(低学年)のコト

    小学2年生に贈る誕生日プレゼントの金額ってどれくらい?

    もうすぐ息子の8歳の誕生日。ではあるものの、プレゼントが決まりませ…

  3. 6,7歳(低学年)のコト

    小学2年生(7歳)寝る時間が遅い

    小学2年生の息子の就寝時間が遅くて困っています。だいたい23時くら…

  4. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】すぐに「先生に言うよ」という友達を嫌がる

    小学2年生の息子は、最近、友達(仮にAくん)を避け気味なようです。…

  5. 小学1年生のコト

    小学1年生2学期の通知表の結果で得意科目が分かった

    クリスマスの昨日は終業式。終業式といえば通知表です。1年生…

  6. 小学1年生のコト

    母親がいない方が自分のことは自分でやれる小学1年生

    小学校1年生の息子は、良く言えば「甘えん坊」です。ハッキリ言っ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 小学1年生のコト

    小学1年生の男の子が書いた1学期の字
  2. 8,9歳(中学年)のコト

    小学校高学年におすすめのくもんドリル
  3. 勉強のコト

    【小4】問題文を読んで考えて勉強するようになってきた
  4. 8,9歳(中学年)のコト

    上履きは専用洗剤より衣服洗剤の方がよく落ちる!?
  5. 色々なコト(雑記)

    コロナが身近になりすぎて警戒心が薄れる
PAGE TOP