算数のコト

小学2年生終了間際に小学1年生のドリルを始める



もうすぐ3年生になる小学2年生の息子、今の家庭学習に1年生のドリルを取り入れています。

ちょっと前に終わらせたドリルはコレ。
文章題たし算・ひき算―小1レベル (サイパー思考力算数練習帳シリーズ)

そして、今取り組んでいるドリルがコレ。
グレードアップ問題集小学1年算数 計算・図形

どちらも小1ドリルにしてはやりごたえがあり、息子には丁度いい負荷がかかって良い感じです。問題は簡単なんですけど、なんか考えさせられるんですよね。

もうすぐ3年生の息子が解いても100点満点!というわけにはいきません。
小1ドリルといえども侮れません。

最近思うこと。
ドリルのタイトルに「小1」とか「小2」と書いてあれど、この表記をアテにしてはいけませんね。子供のレベルを見て、適切なドリルを選ぶのがベストかな。

漢字ドリルなんかは、ドリルと学校の進み具合がピッタリ一致していればいいけれど、そうでないものが殆どだから、我が息子の場合はその学年が終わってようやっと該当学年のドリルができるってわけです。

教科書ガイドなんかの漢字をさせればいいんだろうけど・・・
そういうのは中身が面白くない・・・

春休みも引き続き、小1・小2のドリルを中心に基礎固めができればなと思います。
ただ、算数だけは塾の進度的に少し小3レベルに突入しています。が、春期講習は2年生の復習を中心にやってもらう予定なので、出来るだけ穴がないようにした状態で新学年に進みたいものです。

ただな。
「長さ」と「かさ」が大問題。

一応、こちらのドリルを用意してみました。
長さとかさ (算数の壁をすらすら攻略!)

中身がシンプルだけど忍者いるしカラーだし、見た目からして簡単そうだし、まだ息子には見せていないけど取り組んでくれるんじゃないかな。

これで少しは「算数の壁」を乗り越えてくれるといいけれど・・・
多分、やってもすぐ忘れるんだろうな。



【小2】子供は元気で留守がイイ前のページ

【小2】ドリルの採点・見直しバトル勃発次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 勉強のコト

    勉強ができる子は大人の言うことに耳を傾けられる子だと思う

    小学1年生の息子は、私が思ったよりもお勉強が苦手なようです。…

  2. 国語のコト

    文章読解が苦手な小学2年生の誤答パターン

    小学2年生の息子は、国語が苦手です。本を「読まない」、字を「書かな…

  3. 勉強のコト

    小学校低学年向けの電子辞書の購入を考える

    前回の記事を書いている途中で、小学校低学年向けの電子辞書があることを知…

  4. 勉強のコト

    【小2】転塾は思ったより難しいかもしれない

    小学3年生になると、無料で受講できる塾がチラホラあります。※教材費…

  5. 勉強のコト

    【小2】問題の間違いを受け入れるようになってきた

    息子は解いた問題にバツをされるのが嫌いでした。小学1年生の時は…

  6. 勉強のコト

    個別指導塾に通くことになった小学2年生

    小学2年生の息子、個別指導塾に通塾することになりました。夏期講習で…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】すぐに「先生に言うよ」という友達を嫌がる
  2. 育児・教育本のコト

    『子どもが自信を失う言葉66』を読んで、頑張ってるな自分と思った話
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    小学2年生の男の子をほめるのはなかなか難しい
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    新コロナ休校の果てに小2息子が素直になってきた話
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】『鬼滅の刃』『進撃の巨人』がなぜブームなのか理解不能
PAGE TOP