算数のコト

小学2年生終了間際に小学1年生のドリルを始める

もうすぐ3年生になる小学2年生の息子、今の家庭学習に1年生のドリルを取り入れています。

ちょっと前に終わらせたドリルはコレ。
文章題たし算・ひき算―小1レベル (サイパー思考力算数練習帳シリーズ)

そして、今取り組んでいるドリルがコレ。
グレードアップ問題集小学1年算数 計算・図形

どちらも小1ドリルにしてはやりごたえがあり、息子には丁度いい負荷がかかって良い感じです。問題は簡単なんですけど、なんか考えさせられるんですよね。

もうすぐ3年生の息子が解いても100点満点!というわけにはいきません。
小1ドリルといえども侮れません。

最近思うこと。
ドリルのタイトルに「小1」とか「小2」と書いてあれど、この表記をアテにしてはいけませんね。子供のレベルを見て、適切なドリルを選ぶのがベストかな。

漢字ドリルなんかは、ドリルと学校の進み具合がピッタリ一致していればいいけれど、そうでないものが殆どだから、我が息子の場合はその学年が終わってようやっと該当学年のドリルができるってわけです。

教科書ガイドなんかの漢字をさせればいいんだろうけど・・・
そういうのは中身が面白くない・・・

春休みも引き続き、小1・小2のドリルを中心に基礎固めができればなと思います。
ただ、算数だけは塾の進度的に少し小3レベルに突入しています。が、春期講習は2年生の復習を中心にやってもらう予定なので、出来るだけ穴がないようにした状態で新学年に進みたいものです。

ただな。
「長さ」と「かさ」が大問題。

一応、こちらのドリルを用意してみました。
長さとかさ (算数の壁をすらすら攻略!)

中身がシンプルだけど忍者いるしカラーだし、見た目からして簡単そうだし、まだ息子には見せていないけど取り組んでくれるんじゃないかな。

これで少しは「算数の壁」を乗り越えてくれるといいけれど・・・
多分、やってもすぐ忘れるんだろうな。

【小2】子供は元気で留守がイイ前のページ

【小2】ドリルの採点・見直しバトル勃発次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 勉強のコト

    【小1】15分程度の勉強をやらせるのに1,2時間かかる話

    正直、自分の子供に勉強をさせることにここまで手がかかるとは思いませんで…

  2. 勉強のコト

    【小2】スマイルゼミ受講開始から2か月「飽き期」到来!?

    もうすぐ5月も終わり。4月から始めたスマイルゼミは受講後丸2か月が…

  3. 勉強のコト

    【小3】塾の個人面談で指摘されたコト

    6月の無料体験を経て、7月から通い始めた塾で個人面談がありました。…

  4. 6,7歳(低学年)のコト

    小学2年生にベン図(算数)が理解できるのか?

    小学2年生の息子、2学期から週1回個別指導塾に通っています。【関連…

  5. 勉強のコト

    考える問題がとにかく嫌いな小3男子

    かつては宿題バトルを繰り広げていた息子も、小学3年生になり、私が何も言…

  6. 算数のコト

    小学校のさくらんぼ計算の方法が雑で困る話

    小学1年生の息子の小学校では、気が付けば繰り上がりのある足し算が始まっ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. スイミングのコト

    【小2】スイミングスクールの進級テストにやっと合格
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    【小1】知らない人にジュースを買ってもらった話
  3. 習い事のコト

    スイミングでのお菓子交換の対応
  4. 8,9歳(中学年)のコト

    音楽の授業が嫌で登校拒否をした小学3年生
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    無駄遣いをしまくって貯金の大切さを知る小1(6歳)
PAGE TOP