国語のコト

小学3年生カタカナが正確に書けないから只今練習中なり

「うちの姪っ子、小学4年生なのにカタカナが書けなくて、ビックリして慌ててカタカナのドリルをやらせたよ~(笑)」

と、以前私の友達が言っていました。
友達は独身なので子供がおらず、ある意味カルジャーショックだったようです。
※練習の成果もあり、姪っ子ちゃんはカタカナが書けるようになった模様

この話を聞いたのが、息子が幼稚園か小学1年生の頃だったかな。
当時の私も、「それはヤバいね~」なんて言っていたんですけどね・・・

小学3年生の我が息子。
カタカナが曖昧ですorz

今となっては「小学4年生でもカタカナが書けない子もいるよね」と納得できてしまいます。
小学校では1年生の時にチョローっとカタカナの練習ノートで勉強していました。本当なら小学2年生の最初にもカタカナの練習時間があったと思います(練習ノートに「これは2年生でやるよ!」みたいなことが書かれていたので)。

ところが中国がまき散らかした新コロナにより休校。
休校明けは、呑気にカタカナの練習なんてしているヒマは無かった模様。

私は、息子が学校から帰ってきたらランドセルチェックをしています。
グチャッとなった手紙を見つけたり、宿題を確認するために連絡帳を見たり、学校で何を習っているのか・ノートの残量はどれくらいかを見るために教科ごとのノートを見ているんですけどね、その時に愕然としました。

カタカナで書くべき単語が平仮名。
カタカナと平仮名が混在している単語。
そもそも間違っているカタカナ。

カタカナなんて敢えて勉強しなくても書けるものだと思っていたから学校で習った以外は時に意識して勉強させることはありませんでしたが、「やらねばならぬ」と思ったわけです。

まずはこのドリルにお世話になりました。

折角ドリルを用意しても、肝心のなぞり書きを全くしない息子。
それでも、少しはカタカナが書けるようになってきました。

しかしさ、「ミ」は鏡文字だし、「はんばあぐ(ハンバーグ)」をカタカナで書こう!という問題で「ハンバアグ」と書くし、まだまだ修行が必要です。

カタカナドリルが全部終わってしまったので今はコレに取り組んでいます。

このドリルの最初にカタカナの問題があります。
最近、私の中で「言葉のきまり」的な文法ドリルを息子にやらせるのがブームです。

そこで、とうとう「せえたあ(セーター)」をカタカナで書こう!問題で「セーター」と書けていました!
ただね、「ちょうく(チョーク)」は「チョウク」だったけれども。

このカタカナの練習でも少しは語彙が増えるかな。
例えば外国の国の名前とかね。
勉強は繋がっているから、どんなに簡単と思われるものでもやって損はないな。

【小3】本当にオリンピックやるの?国民のささやかな楽しみを奪う価値ないでしょ前のページ

小学3年生男子の本音が分かる!?自己紹介カード次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 勉強のコト

    【小3】問題の解き直しが嫌いなのは当たり前

    小学3年生の息子は、解いた問題を見直す「解き直し」が嫌いです。この…

  2. 勉強のコト

    【小2】『くもんのにがてたいじドリル』で最低限を抑えよう!作戦

    小学2年生の息子は、1学期の勉強がどうも定着していない模様。まあね…

  3. 勉強のコト

    間違えることを極端に嫌う小学2年生

    息子は勉強面に関して、私(親)に指摘されることを嫌います。例えば漢…

  4. 勉強のコト

    【小2】問題の間違いを受け入れるようになってきた

    息子は解いた問題にバツをされるのが嫌いでした。小学1年生の時は…

  5. 勉強のコト

    小学2年生、ドリルの自己採点に目覚める!?

    現在、小学2年生の息子・・・いや、修了式を迎えたから新小学3年生の…

  6. 勉強のコト

    【小2】スマイルゼミ受講開始から2か月「飽き期」到来!?

    もうすぐ5月も終わり。4月から始めたスマイルゼミは受講後丸2か月が…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 育児・教育本のコト

    6歳(小学1年生)にお小遣いをあげることを考える
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    小学1年生(6歳)の男の子が突然読書に目覚めた理由
  3. 色々なコト(雑記)

    コロナが身近になりすぎて警戒心が薄れる
  4. 算数のコト

    お金を数えて「おおきいかず」と「位」のお勉強をしよう
  5. 勉強のコト

    チャレンジ1年生のひまわりを育てるのがツライ…
PAGE TOP