勉強のコト

問題文をよく読まない小学3年生への対策

        ※当ブログは広告を掲載しています


「問題文をよく読まずに解く」というのは子供あるあるのようです。
小学3年生の息子も、そのあるある小学生のうちの1人。

問題文をちゃんと読んで何を答えるのか、が分かれば問題自体は難しくないから解けるはずなのに、「ちゃんと読む」ことができないから間違える。

息子のドリルの正解率が悪い原因の半分以上が「ちゃんと読まない」から。
分かっていても、これを克服するのはなかなか難しい。

「問題文をちゃんと読んでね」
「何か聞かれているのか考えてね」

なんてセリフは、もう何回も何回も言った。
けれど、なかなか改善されない。

じゃあ、このようなあるある小学生を持つママさん達はどういう対策をとっているのか?というと、もっと具体的に指示しているようです。

「ちゃんと読め」と親が言っても、子供自身は「ちゃんと読んでるのに・・・」と思っているんだとか。親子間で「ちゃんと」に認識のズレがあるとのこと。そこで、言い方を変えてみることにしました。

「問題は声に出して読んでみよう」
「何を聞かれているのか線を引こう」

音読をすれば、一応ちゃんと最初から最後まで読むことになる。
線を引くために、何を聞かれているのか文章中から探す。
結果、ちゃんと読む!

これを小3息子に実行してみました。
「はーい!」とメッチャ素直に返事をする息子に期待大だったのですが・・・

ドリルの解き方がいつも通り。
はい、音読もしないし、線も引いていませんorz

なんで音読をしないのか聞いてみたところ「心の中で読んでいる」んだってさ。
いや、読めていないし。間違えてるし。

うん、「音読」と「線を引く」の2つのタスクを面倒くさがり屋の息子に託した私がバカでした。
まずはじめに何を答えればいいのか、という部分に私が線を引くことにしました。

暫くはこれで様子を見てみたいと思います。
「問題の音読」と「線引き」は、引き続き言っていく所存。

そういえば、小さいころも同じ事を何百回、何千回と言ったもんな・・・
「部屋の中では走らないで歩こうね!」とか。

あの頃は、一体いつまで言い続けなければならないのorz
なんて思っていたけど、今は言わずにすんでいるもんな。
やはり「言い続ける」ということは大事。

目立つのが嫌いな小学3年生男子前のページ

【小3】塾の無料体験に行く次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 算数のコト

    小学校のさくらんぼ計算の方法が雑で困る話

    小学1年生の息子の小学校では、気が付けば繰り上がりのある足し算が始まっ…

  2. 国語のコト

    文字を読むのが嫌いな小学1年生、音読の宿題を嫌がる

    「分からないから、勉強をしたくないの!!」と言い放った小学1年生・…

  3. 算数のコト

    さくらんぼ算の教え方を勉強してみたら奥が深かった話

    図書館でこんな本を借りてみました。『小学校6年分の算数が教えられる…

  4. 勉強のコト

    小学2年生(7歳)塾の個別指導に耐えられるのか

    先日、小学2年生の息子が塾の個別指導の体験をしてきました。…

  5. 勉強のコト

    【小3】ドリルの丸つけをするのが面倒な話

    夏休みに入り、家庭学習の時間を増やしました。学校がある時は夕方1回…

  6. 国語のコト

    最初が肝心!?『なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳』でジックリひらがなを学ぶ

    10連休という長すぎるGWがやっと終わり、今日から小学校でも宿題が始ま…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 国語のコト

    本を読まない子供におすすめの小1漢字ドリル
  2. 国語のコト

    小学1年生で習う「漢字の成り立ち」を刷り込む大作戦
  3. 小学2年生のコト

    スキャバト男子はお喋りが好きらしい
  4. 小学2年生のコト

    【小2】勉強をさせるための「ご褒美作戦」はお金よりもアレがいい
  5. 小学1年生のコト

    【小1】コロナ休校中、家で勉強しないから塾に行くよう勧めたら…
PAGE TOP