国語のコト

小学1年生(6歳)の国語の読解力は抽象的なものが理解できるかがカギかもしれない

当ブログはプロモーションを含みます

小学1年生の時の息子の国語の読解力は壊滅的でした。

このままでは小学1年生の段階で躓いてしまう・・・という危機感を持ち、夏休みの間に読解力を少しでも向上させよう大作戦を決行しました。

夏休みは、何故だか「家庭学習ノート」に取り組むことに興味を持ってくれたので、このノートに文章読解のドリルをコピーして貼り付けたり、手書きで写したりしていました。

その成果が表れてきたのか、以前は文章を見ただけで拒絶反応を示していた息子が、なんやかんや言いながらも読んでくれるようになったのです。

最初はくもんのドリルを使った1行問題から。

このドリルの最も簡単な部分のみ取り組ませ、それに慣れてきたら、今度はコチラのドリルを投入してみました。

B5サイズ1枚で、問題と解答が完結できるのシンプルなものなんですけど、これも息子的には分量が多いかな・・・と、恐る恐る取り組ませてみたら、結構解けるようになってきたんですよ。

わー♪息子、苦手な国語も少しずつ克服してきたかな!なんて喜んでいたのも束の間、最近はまた「どういう意味!?」「わかんない!!」とグダグダ言い始めたのです。

ちょうど単元が「誰がどうする」から「様子を読み取る」に変わったところでした。

今までは、「ウサギがリンゴを食べた」とか、そういう具体的で分かりやすいものだったのが、「風がそよそよふいている」とか「みずうみがキラキラひかっている」など、抽象的なものになってしまい、息子はどうもそこら辺がよく分からない様子。

ってことで、また、くもんのドリルに戻ることにしました。

どちらも、文章から答えを抜き出すだけなのに、こんなにもできなくなるもんなんですね。「様子を読み取る」の後は、もっと難しい「気持ちを読み取る」です。しばらくは、くもんの超短文で特訓してから、また朝5分問題にチャレンジしてみようと思います。

そうそう、国語と言えば、前に私が気になっていた『ブンブンどりむ』。

「秋の2か月トライアルセット」というキャンペーンをやっているので、申し込んでみようかな・・・と考えています。

退会手続き不要で、とりあえず2か月間だけ、ちょっとお安く受講できる、ということで、どんな中身の教材なのかジックリ吟味できるいい機会だな!と。11月30日までなので、ちょっと考えてみたいと思います。

この教材をコピーして、家庭学習ノートに張り付ければ、取り組んでくれるかもしれない・・・という淡い期待を込めて。

小学1年生(6歳)男の子が声変わり!?前のページ

7歳の誕生日の過ごし方次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 勉強のコト

    【小3】スマイルゼミの解約を考える

    2020年の4月からスマイルゼミを開始しました。料金の支払いは5月…

  2. 算数のコト

    【小3】算数の「大きな数」ができない

    小学3年生の息子、「大きな数」ができませんorzもうね、前々から分…

  3. 英語のコト

    【小5】初めての英会話オンラインレッスン体験

    小学5年生の息子は、2月から早稲アカのKコース(公立中学に進学する子向…

  4. 勉強のコト

    『テープのり』は家庭学習ノート作りに最適

    このコロンとした可愛い物体、「のり(糊)」なんですよ。修正テープな…

  5. 算数のコト

    【小3】つまずいたかけ算のひっ算をマスターした方法

    小学3年生の息子は、自分では算数が得意と思っています。彼の中では、…

  6. 勉強のコト

    【小5】表やグラフの読み取りが苦手な子向けドリル

    小学5年生の息子は、資料の読み取りが苦手です。しかしながら、資料の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 色々なコト(雑記)

    2019年を振り返って
  2. 小学3年生のコト

    【小3】検定や統一テスト等の外部テストが嫌い
  3. スイミングのコト

    【小2】「失敗は成功のもと」を悟る
  4. 育児・教育本のコト

    『子どもにクソババアと言われたら』という本を読んでみた
  5. 色々なコト(雑記)

    小学生は写真が減る!?スマホの画像を大量プリント
PAGE TOP