育児・教育本のコト

小3息子と会話するとイライラする理由が分かった

男の子の将来が決まる! 10歳までの「言葉がけ」』という本を図書館で借りてみました。

男の子は10歳、女の子は8歳がターニングポイントみたいなので、10歳までにどう息子と接していいのか参考になればいいな、くらいに読んでいたんですけど、この本すごいわ・・・

私がなんで息子と話しているとイライラするのか分かりました。

この本は、アドラー心理学にNLPをプラスした手法を紹介しているんですけど、このNLP(代表システム)が、まさに息子と私のソリがなんか合わないな・・・と感じた部分でした。

NLP(代表システム)は、人を「視覚」「聴覚」「体感覚」の3タイプに分けるそうで、簡単なテストをした結果、私は圧倒的に「視覚」タイプ、息子は「体感覚」タイプでした。ちなみに夫は「聴覚」「体感覚」が同ポイントだったけど、私が見る夫は「体感覚」タイプよりかな・・・

で、本には「視覚」タイプの母親と、3タイプの男の子の会話例が載っていたんですけど、まさに私と息子の会話そのもので笑ってしまいました。

息子に話しかけると、なんでレスポンスが遅いのかが分かりました。
「体感覚」タイプだからです。

このタイプは、どう言葉で表したらいいかパッとでてこないそうな。
確かに息子は「どう言ったらいいの?」とよく聞くし。

逆に「視覚」タイプは、ポンポン言葉が飛び交うそうです。
確かにそうだわ・・・息子の返事を待つ前に、待ちきれずに違うことを息子に聞いてしまう。
「聞いてるのかな?」と思ってイライラする。

まさにコレだわ。
これが分かると、息子に対しても大らかな気持ちで接することが出来ます。

この3タイプに「バックトラッキング」「ペース&リード」「ミラーリング」「メタモデル」「ミルトンモデル」を組み合わせたコミュニケーションをするのが『男の子の将来が決まる! 10歳までの「言葉がけ」』だそうです。

実践として、お母さんと息子の会話例文が出てくるんですけど、どうも正解の問いかけが思いつかないorz
そういう場合は、とりあえず「バックトラッキング」という、相手の言葉を繰り返す方法だけをしていればいい、とのこと。

出来る範囲で実践し、息子との会話にイライラしないようにしよう、と思いました。

【小3】読み書き計算+パズルの塾の夏期講習前のページ

【小3】緊急事態宣言中の夏休みの過ごし方、どうすればいいの!次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 育児・教育本のコト

    『国語が得意科目になる「印つけ」読解法』を読んで

    私自身、「国語」が苦手でした。『作者の意図を答えなさい』という…

  2. 育児・教育本のコト

    『男の子の学力の伸ばし方』を読んで安心した話

    図書館で『男の子の学力の伸ばし方』という本を借りてみました。ネット…

  3. 育児・教育本のコト

    『受験と進学の新常識』で子供の大学入試について考える

    図書館で予約してから半年。やっとこさ順番が回ってきた『受験と進学の…

  4. 育児・教育本のコト

    6歳(小学1年生)にお小遣いをあげることを考える

    小学1年生になった息子に、そろそろお小遣いをあげようかな、と思ったので…

  5. 育児・教育本のコト

    『思春期男子の育て方』で数年後の息子を学ぶ

    男の子のターニングポイントは10歳。既に8歳8か月の息子、後、1年…

  6. 育児・教育本のコト

    『子どもが自信を失う言葉66』を読んで、頑張ってるな自分と思った話

    図書館で『子どもが自信を失う言葉66』という本を借りました。この本…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    負けず嫌いの子供とのゲームはわざと負けるべきか否か
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    新小学1年生、学校に慣れて早くも朝支度がダラダラ&忘れ物が多い
  3. 0.1.2歳のコト

    2歳3歳のイヤイヤ期に少しでもイライラしない対処法
  4. 色々なコト(雑記)

    戦々恐々の小学校PTA役員決め!新一年生は様子見で情報収集が吉
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    小学2年生(8歳)男の子のお手伝い内容
PAGE TOP