6,7歳(低学年)のコト

負けず嫌いの子供とのゲームはわざと負けるべきか否か



小学1年生(6歳)の息子、20~30分泣き続けていました。
原因は「将棋」です。

お父さんと将棋をしていたのですが、やってもやっても勝てないから泣いてしまいました。いや、そんな可愛いもんじゃなくて「号泣」。

私は別の部屋にいたんですけど、「1回も勝ってないー(泣)」「どうしても勝ちたいー(泣)」「お父さん負けてくれないー(泣)」とチラホラ聞こえてきました・・・

将棋に興味がわくお年頃?

我が家が持っている将棋は親戚にもらったコレ。

NEWスタディ将棋は駒の動かし方が一目で分かり、子供でも覚えやすく、将棋をやったことがない私でも何となくプレイすることができます。

貰った当時は、まだ将棋に興味がなかった息子も、少しずつ駒で遊んでみたり、ピタゴラスイッチの装置として利用したり、していたんですけど、幼稚園年長くらいから「将棋」として利用することが多くなりました。

小学1年生の今は、割と将棋をやりたがるようになり、一人で将棋をしたり、ポストイットに「ぎょく」とか「ふ」とか書いて、紙に並べて貼ったりしています。

息子とゲームをするのは楽しくない

今まで息子とオセロや将棋やカードゲームなどのゲームをした結果、負けると怒ったり泣いたり、物をぶんなげたり、それはそれは酷い有様でした。

私はその度に「そんなことをするならもうやらない」とゲームを切り上げたり、ゲームを始めるまえに「負けても怒らないでね、泣かないでね、物をぶんなげないでね」と念を押しています。

成長も相まって酷い態度も少しずつ減ってきてはいるけれど、接待(わざと負けること)を強要されるので相手をしていてもコチラは全く楽しくありません。

だから私は滅多に息子とゲームをして遊ばないし、遊んでもわざと負けてあげています。息子は接待を強要するだけあって、私がわざと負けていることも知っているけれど、ゲームに勝つと大喜びです。

まぁ、将棋は私自身が下手なので接待できずに勝っちゃうんですけど、それでも息子の打ち方を見ていると昔に比べてレベルアップしているのが見受けられます。

夫は接待(わざと負けること)はしない主義らしい

私は面倒なので、ウッカリ勝っちゃう以外は基本負けてあげています。が、夫はそういう忖度はしない主義のようで、冒頭のように面倒な状況に陥ります。

「わざと負けてあげて楽しいわけ?」「そんなの何の意味もない!」と怒っているけど、私は心の中で思わけです。

キミの息子は接待勝ちでも嬉しいんだよ。本人だって「お父さん負けてくれないー(泣)」って言ってるじゃん!うるさいからサッサと負けてあげればいいじゃん、と。

20~30分も近くでワーワー泣かれるくらいなら、サッサと負けて静かにさせろよ、と。

対戦相手が私の場合、息子は駒を投げつけてきますからね・・・それがない分、マシじゃないか!と。

負けず嫌いの子供とのゲームはわざと負けるべきか否か

「わざと負けるべきか否か」試しに検索してみました。
結果、ネット上では「わざと負けるべきではない」という意見が圧倒的に多かった。

ただよ!?これは子供の性格にもよると思う。
負けることで「悔しい!」「勝ちたい!」と努力する子には、わざと負ける必要はないけれど、我が子のように「勝つ」というステータスが欲しいだけの子に同じことをしたら面倒なだけだわさ。

息子は、勝てば嬉しくてもう1回やりたい、負けたら悔しくてもう1回やりたい、というタイプではあるけれど、勝てばスンナリ気持ちよくやめられる、負けが続くと泣きわめく。

だから、ほどほどに勝たせてあげる方がお互いの為。
夫も、もっと夫側の将棋の駒を減らしたり、ゲーム展開が早くなるように「歩なし将棋」とかしてあげればいいのに、夫自身も将棋は出来るけど上手ではないし、そもそも夫は頭が悪い。

息子の現状を把握して臨機応変にやってあげることくらいしてあげればいいのに、と思ってしまいます(アドバイスしても聞く耳持たない中年オヤジだから目も当てられない)。

わざと負けてあげるにしても、子供だって成長とともに上手になっていくんだから、少しずつ手の抜き方を変えてあげたり、勝率を変えてあげればいいだけじゃない?と思う私は、「負けず嫌いの子供とのゲームはわざと負けるべきか否か」は「子供の状況を把握して臨機応変に対応すればいい(ハンデをあげればいい)!」と思います。



ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】ゴミを捨てられない男にさせないゾ!

    男という生き物がそうなのか、我が家の男ども(夫&息子)がそうなのか、B…

  2. 6,7歳(低学年)のコト

    【小1】コロナ休校中、家で勉強しないから塾に行くよう勧めたら…

    東京、週末は外出自粛要請だって・・・もう皆、発症していないだけで感…

  3. 6,7歳(低学年)のコト

    小2男子が学校の図書室で借りた本を褒められた話

    小学校では「図書」の時間があります。図書の時間に図書室で本を借りた…

  4. 6,7歳(低学年)のコト

    課題で判明!休校中の授業は家庭にお任せするらしい

    息子が通っている小学校はとりあえず今月末まで休校です。なもんで、来…

  5. 6,7歳(低学年)のコト

    8歳で初めてホールケーキで誕生日を祝った話

    小学2年生の息子、8歳になりました。そんな息子は卵アレルギーだ…

  6. 6,7歳(低学年)のコト

    6歳(小1)の記憶力に一抹の不安が…

    小学1年生の息子が、時々ビックリすることを言います。息子「夜ご…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    朝日小学生新聞は低学年にも読めるのか
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    本嫌いの小学2年生に『ねこねこ日本史』を与えた結果
  3. 算数のコト

    小学1年生(7歳)掛け算に興味を持つ
  4. 色々なコト(雑記)

    新コロナ一斉休校から1か月、「コロナ疲れ」「コロナ鬱」
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】勉強をさせるための「ご褒美作戦」はお金よりもアレがいい
PAGE TOP