国語のコト

国語が苦手な小1男子の文章読解の解き方

        ※当ブログは広告を掲載しています


小学1年生(6歳)の息子の宿題以外の勉強は、専ら「家庭学習ノート」となりました。

学校の授業の知識を定着させるべく、しつこくしつこく復習させています。内容は、単純計算・虫食い計算・平仮名を書かせる・算数の文章題・国語の文章読解などなど。

私がノートに手書きで問題を書くときもあれば、時計・長さ比べ・水の量比べ・文章読解など、手書きでは難しい問題はドリルをノートに貼り付けています。

息子は国語が苦手です。
1学期の国語のテストも散々でした。

そこで1行問題から文章読解に取り組ませることに。

少しずつ、少しずつ、問題を解くことに慣れてきた息子。1年生の今はまだ、文章が短く、その中に答えもあるので、単純に書き写せばいいけれど、これがなかなか出来なかったんですよね。

今は、このドリルに取り組んでいます。

このドリルは大体A5サイズで1ページ1題で構成されているので、私は110%でコピーして家庭学習ノートに貼り付けています。ホント、この1ページ1題が最高にイイ!

まだ息子が取り組んでいるのは最初の10題くらいなので、内容も簡単です。国語が苦手な息子でもストレスなく解けるようです(このドリルの前に1行文章読解に取り組んだお陰か)。

ちなみに、1行文章読解で使用したドリルはコレの一部。

で、ここからが本題。

いつも、パンダの表紙の文章読解の問題を解くのが物凄く早いんですよ。
「これは なんの くちばしですか?」の答えを「くちばし」と答える息子が(正解は「きつつき」)、それはそれは早く答えに辿り着いたんです。

で、どうやって解いたのか聞いたら、「次の問題に答えが書いてある」と言うんですね(実際は問題を指さして「コレがコレで・・・」という言い方)。

例えば、問1が「誰が公園で遊んでいますか?」、問2が「うさぎさんは何で遊んでいますか?」、問3「ブランコでどうしましたか?」、という問題。問3は自力で考えるけれど、問1の答えは「うさぎ」、問2の答えは「ブランコ」と答えていたようです。

ただ、これは偶然で、次の問題では撃沈していました(笑)
そして、最新の解き方はこんな感じ。

まず最初に、問1を読んでから文章題を読み始め「あぁ、答えがあった」とカキカキし、問2を読んで続きから文章を読む。

へー、息子なりに考えてるな、と感心しました。
私は「文章をちゃんと読んでね」としか言っていないので、もしかしたら学校でテストの解き方みたいなのを習ったのかもしれないけれど、自力で編み出したなら大したもんだな、と。

とりあえず、国語が「超絶苦手」だった息子も、国語は「苦手」くらいのレベルになったんじゃないかな、と思います。と言っても、2学期のカラーテストがまだ何も返却されないから何とも言えないけれど、少なくとも今の息子だったら「これは なんの くちばしですか?」の答えを「くちばし」とは書かない・・・と信じたい。

負けず嫌いの子供とのゲームはわざと負けるべきか否か前のページ

小学1年生の2学期から算数が学力別クラス編成?次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 勉強のコト

    【小2】ドリルの採点・見直しバトル勃発

    小学2年生のはじめの頃は、宿題すらもボイコットしていた息子が、今となっ…

  2. 勉強のコト

    【小4】問題文を読んで考えて勉強するようになってきた

    この夏、小学4年生の息子は勉強面でちょっと成長したように思います。…

  3. 勉強のコト

    チャレンジ1年生の「こくご」をやりたがらない男の子

    息子の強い希望により始めたチャレンジ1年生。一応、4月号はワー…

  4. 国語のコト

    小学1年生の漢字練習にDSの漢字検定ソフトは使えるか

    1か月ほど前、タブレット学習に興味を持ちました。1番の目的…

  5. 算数のコト

    小3には抽象的な線分図より具体的なだんご図がいいらしい

    小学3年生の息子に、線分図が書けるようになって欲しい今日この頃。簡…

  6. 勉強のコト

    小学1年生の夏休みの宿題と勉強計画

    小学校入学後、最初の夏休みが始まります!約40日。遊びに勉…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 8,9歳(中学年)のコト

    【小4】ICT教育は弊害!?学校配布のクロームブック迷惑問題
  2. 小学1年生のコト

    母親がいない方が自分のことは自分でやれる小学1年生
  3. 小学1年生のコト

    小学1年生の子供の相手をするのが下手な父親
  4. 勉強のコト

    勉強ができる子は大人の言うことに耳を傾けられる子だと思う
  5. 8,9歳(中学年)のコト

    音楽の授業が嫌で登校拒否をした小学3年生
PAGE TOP