国語のコト

国語が苦手な小1男子の文章読解の解き方



小学1年生(6歳)の息子の宿題以外の勉強は、専ら「家庭学習ノート」となりました。

学校の授業の知識を定着させるべく、しつこくしつこく復習させています。内容は、単純計算・虫食い計算・平仮名を書かせる・算数の文章題・国語の文章読解などなど。

私がノートに手書きで問題を書くときもあれば、時計・長さ比べ・水の量比べ・文章読解など、手書きでは難しい問題はドリルをノートに貼り付けています。

息子は国語が苦手です。
1学期の国語のテストも散々でした。

そこで1行問題から文章読解に取り組ませることに。

少しずつ、少しずつ、問題を解くことに慣れてきた息子。1年生の今はまだ、文章が短く、その中に答えもあるので、単純に書き写せばいいけれど、これがなかなか出来なかったんですよね。

今は、このドリルに取り組んでいます。

このドリルは大体A5サイズで1ページ1題で構成されているので、私は110%でコピーして家庭学習ノートに貼り付けています。ホント、この1ページ1題が最高にイイ!

まだ息子が取り組んでいるのは最初の10題くらいなので、内容も簡単です。国語が苦手な息子でもストレスなく解けるようです(このドリルの前に1行文章読解に取り組んだお陰か)。

ちなみに、1行文章読解で使用したドリルはコレの一部。

で、ここからが本題。

いつも、パンダの表紙の文章読解の問題を解くのが物凄く早いんですよ。
「これは なんの くちばしですか?」の答えを「くちばし」と答える息子が(正解は「きつつき」)、それはそれは早く答えに辿り着いたんです。

で、どうやって解いたのか聞いたら、「次の問題に答えが書いてある」と言うんですね(実際は問題を指さして「コレがコレで・・・」という言い方)。

例えば、問1が「誰が公園で遊んでいますか?」、問2が「うさぎさんは何で遊んでいますか?」、問3「ブランコでどうしましたか?」、という問題。問3は自力で考えるけれど、問1の答えは「うさぎ」、問2の答えは「ブランコ」と答えていたようです。

ただ、これは偶然で、次の問題では撃沈していました(笑)
そして、最新の解き方はこんな感じ。

まず最初に、問1を読んでから文章題を読み始め「あぁ、答えがあった」とカキカキし、問2を読んで続きから文章を読む。

へー、息子なりに考えてるな、と感心しました。
私は「文章をちゃんと読んでね」としか言っていないので、もしかしたら学校でテストの解き方みたいなのを習ったのかもしれないけれど、自力で編み出したなら大したもんだな、と。

とりあえず、国語が「超絶苦手」だった息子も、国語は「苦手」くらいのレベルになったんじゃないかな、と思います。と言っても、2学期のカラーテストがまだ何も返却されないから何とも言えないけれど、少なくとも今の息子だったら「これは なんの くちばしですか?」の答えを「くちばし」とは書かない・・・と信じたい。



ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 勉強のコト

    小学校の無料英語教室に参加する

    早期英語教育には後ろ向きであった我が夫婦。ではあるものの、語学…

  2. 算数のコト

    【小1】繰り下がりのあるさくらんぼ計算への順応性が高い

    小学1年生の息子の小学校では、「繰り下がりのある引き算」を勉強中です。…

  3. 算数のコト

    さくらんぼ算の教え方を勉強してみたら奥が深かった話

    図書館でこんな本を借りてみました。『小学校6年分の算数が教えられる…

  4. 勉強のコト

    チャレンジ1年生でミニひまわりの観察はじめました

    チャレンジ1年生6月号のメイン教材はミニひまわりの観察セット。…

  5. 勉強のコト

    Z会の「お試し教材」と「まんてんドリル」の充実っぷりがスゴい!

    Z会の魅力的な広告を見て、資料請求してみました。⇒Z会小学生向けコ…

  6. 算数のコト

    先取り学習に興味津々の小学1年生に「さくらんぼ計算」を教えてみた

    ここ数日、息子にお勉強ブームが到来した模様。こういう時は大抵、先取…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 入学準備のコト

    男の子は移動式ポケットを使わない?6歳(小1)の宣戦布告
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    小学校に入学して2か月、学校生活に慣れてきた1年生
  3. 勉強のコト

    チャレンジ1年生はやっぱり凄い!6歳児が勉強のやる気を取り戻す
  4. ワタシのコト(雑記)

    戦々恐々の小学校PTA役員決め!新一年生は様子見で情報収集が吉
  5. 6,7歳(低学年)のコト

    新小学1年生(6歳)一人で公園遊びデビューを果たす
PAGE TOP