勉強のコト

勉強キライな小2が嫌がらずに取り組む塾教材

        ※当ブログは広告を掲載しています


小学2年生の息子は自主的に勉強に取り組むタイプではありません。
さらに新コロナで休校になり、勉強面倒くさい病を発症しました。

学校が始まり、少しずつリハビリ期間を経て、最近は学校の宿題をやってくれるようになったのでホッとしているところです。

そんな息子を個別指導塾に入れてみることにしたんですけどね。
塾関連の記事一覧はコチラ

不思議と塾は楽しんで行ってくれています。
で、塾でも色々とテキストとかワークを買わされるんですよ。
使う使わないは別として、算数も国語もテキストもワークも2か月で1冊という作りなので、2か月に1回は教材代を取られるのが地味に痛いところではあるのですが・・・

このテキストの算数のワークがなかなか良いんですよ。
それが「ジュニア新演習 計算日記」というやつです。

これ、息子が塾で使っているものと全く中身が同じかは分かりませんが、似たようなのは市販されていました。
https://www.syutoken-mosi.club/
※これ以外にも「ジュニア新演習」と検索すると出てくる

この中の、「ジュニアトレーニング計算」というのがそれです。
サンプルを見ると、同じ作りに見えるんですけど、塾教材になると2か月で千円近く取られるのに、市販だと上下巻で各1,650円なのかよー!!市販の方がいいやんけ!!この差額で差があると信じたい。

で、この「計算日記」は、息子が嫌がらずに取り組んでくれるのです。
1日1ページやるんですけど、その1ページに10問しかないのがイイネ。
※息子のやつは2か月で1冊なのでテキストがすごく薄いのもポイント高い

足し算・引き算・掛け算・文章題が10題あるだけ。
勉強に意欲的じゃない子でも、「やってもいいかも」と思える問題数でシンプルな作りです。

画像を見ていた空ければお分かりのように、1ページの目標時間は4分です。
そんな感じでサクッとやる、まさに「日記」のようなワーク。

たかだか10題でも、毎日やればそれなりに力がつくはず!
・・・と信じたい。

本嫌いの小学2年生に『ねこねこ日本史』を与えた結果前のページ

【小2】ラブレターらしき消しゴムを拾ってきた話次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 勉強のコト

    【小5】中学受験の辞め時、諦め時

    現在、小学5年生の息子。公立中高一貫校の受検塾に通っています。…

  2. 勉強のコト

    【小3】ドリルの丸つけをするのが面倒な話

    夏休みに入り、家庭学習の時間を増やしました。学校がある時は夕方1回…

  3. 国語のコト

    【小3】ローマ字を本格的に覚える気になる

    小学3年生の1学期、国語でローマ字の学習がありました。もともと暗記…

  4. 算数のコト

    小3には抽象的な線分図より具体的なだんご図がいいらしい

    小学3年生の息子に、線分図が書けるようになって欲しい今日この頃。簡…

  5. 国語のコト

    最初が肝心!?『なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳』でジックリひらがなを学ぶ

    10連休という長すぎるGWがやっと終わり、今日から小学校でも宿題が始ま…

  6. 勉強のコト

    チャレンジのポイントでスパイグラスをGETだぜ!

    現在小学2年生の息子は、1年生の頃に4か月ほどチャレンジをやっていまし…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ

アーカイブ

最近の記事

  1. 小学2年生のコト

    小2(8歳)男子、お金を貰うとすぐに無駄遣いをする
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】新コロナ休校で朝寝坊が日常的になりました
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】子供が友達を家に連れてくるのが嫌
  4. 小学1年生のコト

    小学1年生男の子の「イヤ!」「ダメ!」にウンザリな日々
  5. 理科のコト

    【小4】理科、社会の勉強(家庭学習)のやり方
PAGE TOP