6,7歳(低学年)のコト

どうして中国人は夜の公園でたむろするの?

小学2年生の息子は、中国人の友達が多い。
小学2年生になっても未だに多い。

クラスで1番仲がいいのは中国人。
2番目に仲がいいのは韓国人。
だそうな。

3番目、4番目にやっと日本人が登場。
どうして息子には日本人で仲のいい友達ができないのか。
これがここ数年、私を悩ませる問題です。

友達の親が在日3世で、友達が4世、くらいだったらまだいいけれど、親は中国で生まれ育ち、友達はどこで生まれたかは分からないけれど育ちは日本。つまり、親はバリバリ中国文化を日本に持ち込むわけで、これがとっても嫌!!

それが、本日のタイトル。
「どうして中国人は夜の公園でたむろするの?」

息子の友達のお父さん、お母さんは、中国人というイメージからすると、随分と人当りが良い人達に見えますが、やっぱり日本人からすると夜に公園で遊ばせている、という時点で非常識と思います。

夕方の帰りましょうチャイムが鳴り始めるころに公園に集まり、中国人親子が公園を占領し、子供達がギャーギャー遊ぶ声が響きます。我が家は公園からちょっと離れているからまだましだけど、近くに住んでいる日本人は毎日イライラしているでしょうね。

息子にはもちろん「チャイムが鳴ったら帰ってくるんだよ」と言っているし、比較的時間を守って遊ぶようになってきたけれど、たまに帰宅時間を破って遊んでいます。

で、強制終了させに迎えに行くんですけど・・・中国人軍団の中で日本人が我が息子のみ!!!
めまいを起こしそうになりました。

その時は夏だったので日が高く、チャイムは17時30分に鳴ります。
18時頃に公園に迎えに行った時はまだまだ外は明るく、中国人の子供達はまだまだこれからが本番と言わんばかりに駆けずり回っているのですが、その中で説得して帰らせるのは本当に大変。

息子の友達にも、「日本はチャイムが鳴ったら家に帰るんだよ」と何回か言っているけれど、親が遊ばせるんだもん、聞くわけない。

もうさ、『郷に入っては郷に従え』って言葉を覚えて、日本の常識を学んできてから日本に来てくれないかなー。中国文化を続けたいなら本国でいくらでもやってくれ。

公園たむろは、子供が小さい(小学校低学年くらい)の親子が多いので、年齢が上がれば変わるんだろうけど、最近、どこの公園も中国人に占領されている感じがして、ちょっと嫌。

【小2】寝たければ1人で寝ればいいじゃない前のページ

小学2年生の子供に勉強を教えるとイライラする次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    嫌なことがあっても親に言わない小学1年生(6歳)

    「絶対に、言わない!!」と小学1年生の息子に言われました。コトの始…

  2. 6,7歳(低学年)のコト

    新コロナで手洗い習慣が身についた小学2年生(7歳)

    2020年になって、すっかり新型コロナウイルスまみれになった世界。…

  3. 6,7歳(低学年)のコト

    無駄遣いをしまくって貯金の大切さを知る小1(6歳)

    現在、小学1年生(6歳)の息子。少しずつ「貯金をする」ことが出来る…

  4. 6,7歳(低学年)のコト

    小学校のテストで100点取ったらご褒美制度はアリかナシか

    小学1年生の息子に、2学期からご褒美制度を導入しました。内容は…

  5. 6,7歳(低学年)のコト

    男の子の目には母親はどう映っているのだろうか

    小さい男の子の、母親に対する愛は深い。もう「恋は盲目」状態に陥って…

  6. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】学校の先生の漢字の採点が甘くて困る話

    ネット上では「学校の先生の採点が厳しい」という書き込みはよく見かけるけ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 6,7歳(低学年)のコト

    【小2】こうも違うのか!しっかり者男子と幼い男子
  2. 6,7歳(低学年)のコト

    朝日小学生新聞は低学年にも読めるのか
  3. 6,7歳(低学年)のコト

    新小学1年生が早速宿題をしない…宿題バトル勃発間近か!?
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    本を読まずとも借りるのが好きな6歳(小学1年生)が選んだ本
  5. 育児・教育本のコト

    『子どもにクソババアと言われたら』という本を読んでみた
PAGE TOP