8,9歳(中学年)のコト

視覚より聴覚が優位と思われる小3男子

小学3年生の息子は、視覚から得られる情報を吸収するのが苦手と思われます。

例えば、漢字。
「首」と言う字を書くときに「自」と書くのに「白」と書き間違えたとします。

私が口で指摘すると息子は耳を塞いでギャーギャー喚いて抵抗するので、息子が書き間違えた漢字の横に、私が正しい漢字を書いておきます。息子はそれを見て間違い直しをしています。

でね。
わざわざ「自」の二本線を色を変えて分かりやすく間違いを指摘しているんですけど・・・見ないんだよなぁorz

書き写すのも苦手なようで、見本と同じに書けばいいのに何故か間違える。
キチンと見ていないんだよなぁorz
おまけに文字を読むことも好きじゃなさそうだし。

視覚に対して、聴覚は割と良い気がします。
別にね、遠くの音を聞き分けられるわけでもなく、絶対音感があるわけでもなく、聖徳太子みたいに同時に何人もの話を聞き分けるわけでもないんですけどね。
だけど、息子だけの比だと、「視覚<聴覚」だと思われます。

お店やテレビで流れている曲を覚えるのは得意なんですよね。
少なくとも書き写すよりは得意。

私は圧倒的に視覚優位です。
息子が『君の名は。』の主題歌の『前前前世』のサビを歌っていた時、私は『キューレンジャー』の主題歌だと思っていましたからね・・・
後、人の名前は聞いただけでは覚えにくくて、漢字でインプットすると記憶に残ります。

で、どちらかと言えば、視覚よりも聴覚優位であろう息子の場合、漢字はどうやって練習すればいいんだろう?と検索してみた結果、「となえる戦法」がいいようです。

うん、これ持ってた。
やらせてみたけどダメだったorz
【関連記事】漢字の書き順がメチャクチャな小学1年生をどう導くか

息子が勉強で声を出すのはこれだけ。
スマイルゼミ!!!

スマイルゼミの英語だけは、ちゃんと声を発しています。
コレ以外はダメね。

どれだけ文章読解ドリルを音読したら?と言っても、となえながら漢字の練習をしたら?と言っても頑なに口を開こうとしません。

見るより聞く方が得意なんだから、唱えようよ・・・
でも、見たことをそのまま理解できないって不利だよな、とつくづく思います。

特に、私の教えを拒絶する息子は特に。
私がドリルを読んであげようとしても拒否ります。
どうしたもんかねぇ・・・息子が文字からでも知識を吸収できる日は来るのだろうか。

小学3年生の息子との親子喧嘩が減ってきた話前のページ

中間反抗期のはじまりか?イライラする小学3年生次のページ

ピックアップ記事

  1. 幼稚園児・保育園児の習い事選びのポイントは本人のやる気

関連記事

  1. 8,9歳(中学年)のコト

    【小3】コロナ禍でのGWの過ごし方

    2021年、コロナ禍でのGWが終了しました。去年(2020年)はず…

  2. 8,9歳(中学年)のコト

    小学3年生(8歳)こびとづかんにハマる

    小学3年生の息子は、ここ最近『こびとづかん』にハマっています。キッ…

  3. 8,9歳(中学年)のコト

    勉強でつまづき始める小学3年生1学期の通知表

    小学3年生になると、科目数も増え、内容も少しずつ難しくなってきます。…

  4. 8,9歳(中学年)のコト

    緊急事態宣言で子供達の夏休みが奪われる

    またまた緊急事態宣言ですね・・・2021年7月12日から2021年…

  5. 8,9歳(中学年)のコト

    小学3年生がほぼ1人で出来た自由研究

    小学3年生の息子、自由研究(調べ学習)の課題を1時間程で完成させました…

  6. 8,9歳(中学年)のコト

    『学校では教えてくれない大切なこと』を小学3年生が読んでみた感想

    図書館で『学校では教えてくれない大切なこと』シリーズの本を借りてみまし…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ村ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


アーカイブ

最近の記事

  1. 勉強のコト

    問題文をよく読まない小学3年生への対策
  2. 習い事のコト

    『習い事狂騒曲』を読んで小学1年生の習い事について考える
  3. 国語のコト

    漢字が覚えられないと英単語も覚えられない
  4. 6,7歳(低学年)のコト

    新小学3年生の春休みの過ごし方
  5. 色々なコト(雑記)

    アフターコロナでPTA活動や学校行事はどうなるのか?
PAGE TOP